ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:緑川光
アニポケ無印編第11話「はぐれポケモン・ヒトカゲ」で登場したゲストキャラクター。青い髪と頭にのっけたサングラスが特徴。

ダイスケの声を演じた緑川氏は当初、コジロウムコニャの一角)のオーディションを受けていた。コジロウを実際に演じることになったのは三木眞一郎氏である。

人物

サトシのリザードン(ヒトカゲ時代)の元トレーナーで、ニョロモを相手に勝てなかったヒトカゲに迎えに来ると嘘をつき、山の中に置き去りにした。いわばアニポケにおける身勝手な理由でポケモンを捨てたトレーナーの先駆けと化した悪人(ただ、現時点で彼はポケモンを所持してない為、トレーナー呼びするのは少し無理がある。)であり、彼の会話(及びヒトカゲの事情)を聞いていたタケシに「迎えに行け!」と一喝された事も。

翌日、サトシ達を襲ったロケット団ムコニャ)をヒトカゲが撃退したことを知ってヒトカゲの下に行き、手の平返しでモンスターボールを投げて捕まえようとするものの彼の企みを知ったヒトカゲに尻尾で弾き返され、やけくそになって「お前ら、まとめてブッ飛ばしてやる!!」と暴言を吐き、大量のモンスターボールを投げようとするが、ピカチュウの電撃(威力はロケット団の時以上)とヒトカゲの炎を浴びせられるという逆襲に遇い、逃げて行った。

なお彼は「ポケモンを育てるなんて面倒だ」と発言しており、主に「強いポケモンを大量にコレクションすること」に重きを置くコレクターであってバトルする事は殆ど無い様子であり、この「ポケモンを育てる」と言うトレーナーの醍醐味を否定した事もまたブリーダーとしてポケモンを育てる事を生きがいにしているタケシの怒りを買った一因になっている(実際、タケシからは「お前はトレーナー失格だ!」と非難されている。)。
キレると暴力的になる思慮の浅いところもある一方で人間には基本的に無害らしく、自分の取り巻きに一目置かれる程度の社交性はあるがこういった傲慢かつ怠惰幼稚な性格ゆえに、そのまともな人間であればもちろん本来ならばそういったトレーナーに注意をする立場であるジョーイさんすら関わるのを避けている(その取り巻きもダイスケと人間性が同レベルの可能性が高い)。
また、上記の性格および逃走時に「ママ~!!」と情けない叫び声を上げていたあたり、母親から相当甘やかされていたことも考えられる為、トレーナー的な面もコレクター的な面も人間的な面も全て最悪であることが分かる。
総じて、トレーナーとして当時駆け出しだったサトシにとってはいい反面教師になったとも言える人物である。

その後、ベストウイッシュシーズン2エピソードNの「燃えよリザードン! VSカイリュー!」では、サトシの回想で再登場。なお、この回の回想は新しく描き直されたものであるため、放送当時とは表情が違い、髪と眉の色も若干異なっており、かつてよりもイケメンになっている。
また、尺の関係からかこの回想では彼の外道な一面やヒトカゲによる制裁シーンは大分マイルドかつ簡易的に描かれていた。

電撃ピカチュウ

アニメの反動か作者が原作の彼を知らなかったのか、とある事故に遭いヒトカゲとはぐれてしまい、その後傷ついた体でヒトカゲを迎えに来た等アニメとは正反対の善人トレーナーとして登場

関連タグ

ポケットモンスター(アニポケ) 反面教師 小悪党 卑劣漢
傲慢 怠惰 マザコン
アニポケ無印ゲスト
もう遅い小説家になろうカクヨムで読める小説ジャンルだが、前述のダイスケとヒトカゲのエピソードは『もう遅い』そのものであるため、ある意味では先駆けとも言える。

似たようなトレーナー

  • シンジ(アニポケ)クロス(アニポケ)サトシのライバル「弱いから」という勝手な理由でポケモンを手放したトレーナー(しかもクロスに至っては自分のポケモンにサトシを襲うよう指示している程に冷酷)であり、かつそのポケモンが炎御三家であるという点がダイスケと共通する。ただし、シンジとクロスは捨てたポケモンが強くなっても手のひら返ししたりしなかったうえ、様々な出来事やアクシデントを通して改心している。だが、シンジもクロスも(全部ではないが)ダイスケや下記のスワマを連想させる点がちょっとばかりあったため、物語の何処かで何かしらのミスをしていたら、ダイスケ程ではないにせよそのまま酷いトレーナーになってもおかしくなかったため、心を入れ替えただけシンジとクロスはダイスケよりは大分マシと言える(ちなみにクロスが捨てたポケモンはダイスケが捨てたポケモンと同一人物もとい同一個体であり、ダイスケはそのポケモンに罰せられたが、クロスは更生の余地があったためかあるアクシデントにてそのポケモンに助けられている。)。


  • スワマ同じく「弱いから」という勝手な理由でポケモンを手放したトレーナーであり、かつそのポケモンが炎御三家であるという点と捨てたポケモンの活躍を見るなり「やっぱり戻ってきてくれ!」と手のひらを返してそのポケモンから直に報いを受けて逃げた点も共通している。泣いて逃げるという無様な真似はしないが逆恨みを仄めかすようなを発言をして逃げていった。それだけでなく、スワマは少なくとも犯罪に手を染めてないと思われるダイスケと違い、ポケモン泥棒という悪の組織同然の悪事も行っており、彼と比べても悪辣な印象を与える。ちなみに、炎御三家ではないが新無印にてゲンガーを勝手な理由で逃した名無しのゲストが登場。性格もダイスケ並みに怠惰かつ自己中でしかも捨てた動機を自分の不注意や不運をゲンガーに八つ当たりするという見方によっては実力があれば多少はポケモンを認めたダイスケやスワマと比べても下劣でやはり罰せられても反省せず逃げて行った(一応、彼女がいるので人間にはスワマほど非情ではないのかもしれない)。


  • ポケモンハンターJ…ダイスケと同じくアニポケのオリキャラで、(仕事だからとはいえ)理不尽な理由と手段でポケモンを無理矢理集める傲慢な悪役(それ以前にポケモンハンターという悪役自体が基本的にクズである事は明確である)。その極悪度はダイスケの悪事がマシに見えてしまう程(詳細はJの記事ヘ。)。やはり彼女も最後まで改心も反省もしなかったためダイスケ、スワマと同じくバッドエンドに等しい終焉を迎えた。

  • ノゾミ(アニポケ)…ダイスケと同じく「頭にサングラスがあって袖無しの上着を着ている」という特徴を持つポケモンコーディネーターの女の子(何気に初登場が11話という点とタケシと会っている点が共通している。)。ダイスケとは違い、ポケモンの世話はしており、シンジに似たキツイ性格のトレーナーに厳しく、サトシ達とは仲良くやっており、人間にもポケモンにも優しいのでコーム同様悪人ではないのだが、リーグとコンテストを両立しようと頑張っているトレーナーの事を軽蔑したり、(努力する者に手を貸したりする事もあれど、上記の他者への軽蔑もあってか)善悪関係なく相手にキツい言葉を吐いたり…と、(悪意は無いと思われるものの)ダイスケとは別の意味で悪い所(頑固)があるので、真の意味では善人であるとも言い切れないが、この記事にいるトレーナーではある程度まともそうなタイプである。

  • ルザミーネ…第7世代で初登場したトレーナー(立場は悪の組織ボス。)。彼女もダイスケと同じく良からぬ形でポケモンをコレクションしようとする悪役で、既に大人だが性格はダイスケに似て幼稚であり「欲しくなった物に対しては不正を犯してでも手に入れようと執着するという人間離れした図々しさを持ち、自分にとって不都合なことが起こるとキレて暴れだす」という所が似ている。ただし、ルザミーネはダイスケ、スワマ、Jのようにポケモンを道具扱いするようなことはせず、曲がりなりながらも深い愛情を込めて接しているうえ、過去にを失っている悲劇のヒロインであるという側面も見られたりと、ある程度のフォローはある(ただし、アニポケにて夫が生存しているという可能性がある事が判明)。ちなみにダイスケもルザミーネもトカゲポケモンと何かしらの関係がある(ダイスケはヒトカゲを捨てたが手の平返ししてヒトカゲに罰せられた、ルザミーネはエンニュートを連れている。)。ダイスケ、スワマ、Jはバッドエンドヘ直行したが、ルザミーネは最終的に改心し、シンジやクロスと同じくハッピーエンドを迎えた。

  • シルバー…主人公のライバルでポケモンを道具扱いするトレーナー。主人公の手持ちによっては炎御三家がおり、負ければ自分のポケモンに責任を押し付けており、スワマ同様に人のポケモンを盗もうとし、その自己中な言動をあるトレーナーから説教を受けても聞こうとしなかったが、ダイスケと違いポケモンを逃した事は一切無く、終盤では説教を受けた理由を理解できるようになり、最終的には改心して、シンジやクロスやルザミーネと同じくハッピーエンドを迎えた。ちなみに、ポケモン泥棒の件に関しては、シルバー自身が罪悪感によって後から返しにいったが、返す際にそのポケモンがシルバーに懐いていた為、正式にシルバーの手持ちにするという形で解決した。

その他

  • カジリガメ…第8世代で初登場したポケモン。ポケモン図鑑の説明文にて本項目でいうダイスケのようなトレーナーに育成が面倒臭くなったという理由(気性が荒いのも原因だがトレーナーの勝手であるのに変わりはない)で捨てられていると記述されている。

関連記事

親記事

アニポケ無印ゲスト あにぽけむじるしげすと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ダイスケ(アニポケ)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ダイスケ(アニポケ)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2395

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました