ピクシブ百科事典

銀のメタグロス

ぎんのめたぐろす

ポケモンの一種、メタグロスの色違いの事。公式では「銀色のメタグロス」と呼ばれている。
目次[非表示]

空より現われし、心を持たぬ者…「メタグロス」…
それを追って来た者…「ボーマンダ」
9の相性を持つ技でもかなわない…
しずかに、次元のはざまに、眠らせておくべし…
決して、かたりかける事なかれ

概要

600族と呼ばれるポケモンの一種、メタグロス色違いを指す。
メタグロスは通常色は×であるが、色違いは×とかなり上品な色使いに変わる。
ポケモンの種族には進化して色が変わるものもいるが、この系統(ダンバルメタング、メタグロス)のボディカラーは銀×金で一貫している。

ダンバル
メタング
色メタグロス


なお、メガメタグロスにメガシンカすると金のプレート部分は青色に変化する。

鋼鉄の貴公子



その配色や四足歩行、戦闘マシーンという特徴からファイナルファンタジーあいつを思い浮かべる人も多いとか。実際第五世代まではこいつくらい鬼畜に強い存在だったし、同世代にライバルともいうべき同じ600族のドラゴンもいる。何かの偶然だろうか・・・

ゲームにおける銀のメタグロス

上述通り機械的なデザインに見合った高級感あるカラーリングから黒いリザードンほどメジャーではないにしろ地味に人気の高い色違いの一種。
しかしゲームではかつては色違いを手に入れるのは修羅の道であった…

まず第三世代では種ポケモンのダンバルが手に入るのが殿堂入り後で、トクサネシティダイゴ宅のモンスターボールをリセットするのみ。ここでリセットを繰り返さず受け取ってしまうとさらに厳選が困難なタマゴ厳選しかなくなる(ルビサファの場合はFRLGやエメラルドからメタモンを持ってこないとタマゴ厳選すら出来ない。エメラルドまでは特性による孵化歩数半減もないし国際孵化の概念もなかった。)
第四世代では色違いが出やすくなるポケトレの登場、大量発生によるダンバルの野生での入手ができるようになったはいいものの、出現場所が揺れを確認しづらい常時すなあらしゾーンの中。さらにダンバルは被補確率が3しかない上、覚えてる技が反動技のとっしんしかなく色違いが出てきてもボールを投げても捕まらずもたもたしているうちに自滅なんて悲劇が当たり前のように発生した。

だが第5世代では捕獲率が大いに見直されたり国際孵化での色違い発生確率が上昇した事や第6世代のポケモンXYでは手間こそかかるが色違いが出やすいフレンドサファリの登場で色違いメタグロスの入手はかなり現実的な数字となった。

そしてXYと同世代に発売されたオメガルビー・アルファサファイアではゲーム発売から2ヶ月の間メタグロスがメガシンカするための道具メタグロスナイトを持った色違いのダンバルが公式に配信された。ゲームをリセットすれば何匹でも入手できたため銀のメタグロスファン歓喜である。このため入手自体が鬼だった第三〜四世代と比べると色違いのレア度は大きく落ちてしまった。投売りされまくった黒い禁止級の東洋龍ほどではないが…

また、ゲーム発売前後には色違いのメタグロス系列をフィーチャーしたグッズが販売されたり、ゲーム発売一ヶ月前に公開されたORAS体験版のシナリオではダイゴが色違いのメガメタグロスを使用している(製品版のシナリオのダイゴの個体は通常色)。

アニポケにおける銀のメタグロス

なんとアニポケでは別個体が2匹も登場している。同じ個体が何度もならまだしも別個体で複数回出てくるのはアニポケとしても異例である。ある意味嬉しい大誤算

最初の登場がダイヤモンド&パール117話「ロケット団解散!?」。
野生の個体で、生息する山には立ち入り禁止の張り紙がされるほど非常に凶暴かつ好戦的な性格で、ボスに献上しようと侵入したコジロウは危うく生命の危機に陥ったほどだった。やっぱりこいつオメg(略

2度目の登場はXYと並行して放送された「最強メガシンカ(ACT2〜)」で、毎回ダイゴの手持ちとして銀のメタグロスが登場している。このメタグロスはもちろんメガシンカする。

関連イラスト

支え
無題
なんちゃって夢の対決
ヲ級さんそれは食べちゃダメだよ?


関連タグ

ポケモン 色違い メタグロス ORAS 金銀 ツワブキ・ダイゴ オメガ(FF) アニポケ

pixivに投稿された作品 pixivで「銀のメタグロス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6949

コメント