ピクシブ百科事典

黒いレックウザ

くろいれっくうざ

黒いレックウザとは、色違いのバーゲンセールの権化である。
目次[非表示]

概要

禁止級伝説ポケモンレックウザは通常色は緑色であるが、色違いになると真っ黒な体色となり、大分違った印象を受ける。
伝説で黒龍という事でリザードンと同じく色違いの中でも非常に人気が高く、初登場の第三世代では空の柱でリセットを繰り返す者も多かった。

メディアミックスでの優遇っぷりも半端なく、2012年のポケモン+ノブナガの野望ノブナガのベストリンクとして黒いレックウザが取り扱われコラボ商品が多数作られた他、第5世代に直接「ノブナガのレックウザ」としてもWi-Fi配信されたため容易に色違いが入手できた。
ポケモン映画でも「光輪の超魔神フーパ」でメガシンカした姿で登場。無論メガシンカ後も黒龍のまま。

…が、第6世代ではあまりにばら撒かれすぎたせいで今や持っていない人の方が少ないとも言われるほど価値がガタ落ちしている色違いとしても有名である。

黒いレックウザのバーゲンセール

とにかく第6世代では数度に渡り配布され投売りされた。

1回目(次世代ワールドホビーフェア'15)

2015年1月〜2月にかけてイベントが開かれた日本の大都市で配布された。親名はWHF15。
現地の限られた日程のみでの配布のため当時はレア度が高く、SNSを通じて他のレアポケモンとの交換を投げかけるプレイヤーも多かった。

2回目(コロコロコミックとの連動・黒いレックウザキャンペーン)

WHFの予想以上の盛況っぷりに気をよくしたコロコロ編集部が急遽コロコロコミックとの連動で2015年3月〜5月の間にWHFとレベル・技が全く同じ黒いレックウザを全国区で配布すると発表。さらに同時期に抽選で黒いレックウザのグッズがもらえる黒いレックウザキャンペーンも展開した。
これにはWHFで入手した層からはブーイングが来たが一応親名はコロコロに変わっているなど前回配布されたレックウザとは別物扱いになっているため二匹目も入手できた。
データ入手は特定店舗でもらえるシリアルコード形式によるものだが、キャンペーン初日はすでに入力済みのシリアルコードが配られるなどの不具合が発生しシリアルコードの入手方法が面倒なのもあって大きい混乱を招いた。

3回目(ポケモンセンターヒロシマ開業記念)

2015年6月のポケモンセンターヒロシマ開業を記念して、2016年2月中に二回目のものと全く同じ親名の黒いレックウザがヒロシマのみで配布された。

4回目(ポケモンセンタースカイツリータウン開業記念)

まさかの4度目である。2016年7月に東京スカイツリータウンの東京ソラマチにポケモンセンタースカイツリータウンが開業するのを記念して7月〜9月にかけて全国のポケモンセンター・ストアで黒いレックウザが配布される。過去三度配布された個体との違いはレベルが100なのとおいわいを覚えていることだけ。親名はポケセン。せめて第5世代のポケモン総選挙のレックウザ(これは通常色)のようにVジェネレートでもくれればまだマシだったのだが…
とはいえ同年11月には第7世代ポケモンサン・ムーンの発売が控えているためさすがに5度目はない…はず。

ポケモンGO

スマートフォン向けアプリである本作においても2019年8月1日から登場した
しかも、グラードンカイオーガの時とは異なり、発表時には専用のコマーシャル映像まで用意してもらったり、新聞社と提携して号外が配布されたり、東京渋谷のShibuya 109に巨大な墨絵が張り出されたりと破格の待遇を受けての実装となった。
やはり、上記の通り過去に何度も配信されていて、色違いの中でも人気・知名度が高かったことが関係していたのだろうか。

これまでの伝説ポケモンと同様、レイドバトル勝利後のゲットチャレンジの際、低確率で色違いと遭遇できるという仕様になる模様……
…だったのだが、登場期間が同年の9月2日までと色違い登場イベントとしては異例の長丁場になっていたことに加え、色違いの出現率自体も他の伝説ポケモンと比べるとやや高めに設定されていたようで、人によっては色違いが複数匹手に入ったというケースも多かったという。

やはり、レックウザの色違いのばら撒きは本作でも健在だったようだ

関連タグ

ポケモン レックウザ 色違い 投売り ポケモン+ノブナガの野望 ポケモンGO 黒龍
赤いギャラドス リザードン(色違い) 銀のメタグロス でかいサンド

関連記事

親記事

レックウザ れっくうざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黒いレックウザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15505

コメント