ピクシブ百科事典

感想タグ

かんそうたぐ

タグに寄せられる感想文のことである。
目次[非表示]

概要

感想タグとは、投稿作品に対する感想をタグに付けたもの。コメントタグとも。
時に閲覧者により大喜利大会と化し、一部のユーザーからはその意義を疑問視されている反面、一部のユーザーにとっては楽しみの一つという側面もある。
邪魔に思う人もいれば喜ぶ人もいるため、賛否の分かれる存在となっている。

pixiv「ヘルプ」によるタグの説明

Q.タグってなに?
A.
タグとはイラストのキーワードのようなものだと考えてください。
自分がつけたタグと同じタグを持つイラストを探したりと、楽しみが広がります。
また、適切なタグをつけることによりイラストを探しやすくするものです。
コメント欄ではありません。コメント欄はイラストの下部にあります。
詳細・引用元


問題点

このようなタグを付けられることを励みにしている投稿者もいるし、タグによる面白みも存在するため、一概に否定出来る物ではない。すでにPixivユーザーの多くにとって文化として根付いている感もあり、完全に排除するのは不可能であろう。

感想タグについて語ってみた



また、タグ欄はコメント欄より目立つ位置にある点から楽しみを共有しやすいと言うメリットも存在する。かつてはコメント欄は開かないと見えなかったためその傾向が強かったし、現在もコメント欄と感想タグは大分用途が異なる。

しかし、閲覧者により独自のタグで埋められてしまった場合、その作品はタグ検索機能が全く機能しなくなってしまうと言う問題点は存在する。
例えば人気のある作品でも、作品タグ、キャラの名前、カップリング名だけしかヒットする要因がなければ検索からイラストを探すのが困難になる。これは特に「人気のある、投稿作品数の多いジャンル」の作品に顕著に表れる。
一度タグ数が上限に達すると、pixivのタグ連続編集の制限のために新たなタグを追加するのに手間がかかり、タグの更新はされにくい。

感想タグもイラストの一つの楽しみ方ではあるが、あくまでタグの本義は検索機能にある。感想タグを全否定する事は無いが、それは検索用タグを付け終えて、タグ枠が余った時に付けるぐらいに考えておこう。

またその内容についても、10点では足りない等の主観が強すぎるタグや、コメント欄でやメッセージ欄で済ませるべきリクエスト系のタグ、漫画機能のネタバレを起こすようなタグなどではなく、イラストの楽しみを増幅するためのタグを付けるよう心がけるべきである。感想タグはタグをつけるあなたの自己満足や自己顕著欲を満たすための物ではなく、あくまで他のユーザーと楽しみを共有するためのものであるべきだろう。

場合によっては、感想タグが検索妨害になりえる。例えば「○○希望」「○○もお願いします」というタグを付けた場合、「○○」の無い作品が「○○」のタグ検索に引っかかってしまう。感想タグはバリエーションが多くなるため、マイナス検索で対処することは困難であり、検索の迷惑にならないタグにすることが望ましい。この手の検索妨害は、リクエストタグでなくても特にうっかりやりがちなので注意(例えば、別キャラになりきった台詞タグ、「○○に似ている」「消したら○○」「ここに○○を建てよう」等のタグなど)。

タグの匿名性(コメントはユーザー名が全公開されるが、タグは投稿者にしかIDが割れない)を利用するためにメッセージではなくタグを利用するユーザーがいるが、これは自分の身分を明かしたくないと言う非常に身勝手なタグ利用であり、タグの本義としてはもちろん、感想タグの利用法としても誤った、非常に悪質な使い方である。

その一方、そもそも検索に必要なタグは投稿者が付けておくべき、と言う考え方もある。閲覧者が複数のタグを操作するのは、感想タグにかぎらず一手間以上がかかるし、そもそも付けて貰えるかどうかも分からない。対して投稿者にはそういった制限はなく、確実に付ける事ができ、その上自分タグは削除されない。義務と言う訳ではないが、投稿者が編集した方が格段に効率が良く問題も少ないだろう。
(ただし、users入り等の投稿者が編集しにくいタグについてはこの限りではない)

ニコニコ動画との比較

ご存知の通りニコニコ動画も同じくタグ機能がある。
ニコニコではタグの付け消しが簡単に行えるが、ピクシブでは一作品において投稿者以外が一度付けたり消去すると、一定時間のタグ操作が不可能になる。ゆえに表記揺れを訂正するのが非常に面倒である。
タグを付ける上では慎重に、そのタグが必要かどうか一歩立ち止まってまず考えよう(これは感想タグに限った話ではないが)。

感想タグの今後

感想タグはすでにPixivの文化として定着しており、全否定出来るものではない。むしろ過剰な否定は荒らしと変わらず、中には感想タグを過度に削除するユーザーへの対策として、感想タグのタグロックを強いられた投稿者も存在する。

また、感想タグ・変わったタグの中でも利用され続けることで需要が生まれたものもある(感想タグの一覧参照)。その中には、定着化した事で検索に利用出来るようになり、原義としてのタグの意味を取り戻したものさえある。

だが、そういった物を除けば、やはりタグの本質は検索用であると言うのを忘れてはならない。感想タグは、あくまで本来のタグ用途の余白を使用した楽しみであると言う事は常に頭に入れておくべきである。

タグのバリエーション

感想タグの一覧」の記事を参照。

関連小説

関連イラスト

そのタグは、書き手さんが嬉しいものですか?
そのタグ、本当に必要ですか?


関連タグ

タグ コメント
感想タグの一覧 表記揺れ ネタタグ

pixivに投稿された作品 pixivで「感想タグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 316033

コメント