ピクシブ百科事典

ヘビーボンバー

へびーぼんばー

ヘビーボンバーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。重たくて 重たくて 重たくて 痛いよ~
目次[非表示]

データ

初登場第5世代
いりょく後述
めいちゅう100
PP10
タイプはがね
わざ分類ぶつり
攻撃範囲単体
直接攻撃
効果相手が「ちいさくなる」を使用していると必ず当たり、威力が2倍になる(第7世代~)
英語名Heavy Slam


威力変動

自身より相手が重いor相手が自身の半分以上…40
相手が自身の1/2以下1/3以上…60
相手が自身の1/3以下1/4以上…80
相手が自身の1/4以下1/5以上…100
相手が自身の1/5以下…120

概要

第5世代から存在する技。
自身の重量を活かし、相手に突撃してダメージを与えるというもの。
重量を活かした技というのもあり、覚えるのはやはり重さ自慢のポケモンが多い。
ヒートスタンプ」とはタイプ以外の性能が全く同じ。

威力は自身の重さと相手の重さによって変動するが、倍率によって威力が細かく変動すると言うことは無くある程度ダメージのランクが決められているので、難しい計算は必要ない。
なお、上記の通り最低でも威力40が保証されている。
技の都合上、「ボディパージ」とは相性最悪である。

しかし体重に依存するという仕様から軽いポケモンではまず威力が出ず、第5世代の時点で習得者の中で一番重かったレジギガスですら最大威力が出るのは84kg以下となかなか使いづらい状態だった(しかもこいつは不一致)。どうあがいても最大威力が出るのが30kg以下と悲惨だった「ヒートスタンプ」よりは大分マシではあったが……
習得者の殆どが鈍足で(不安定とは言え)「ジャイロボール」の方が採用しやすかったのも逆風。両方覚えるポケモンは限られているが……
その為採用はもっぱら特性「へヴィメタル」を所有しているボスゴドラ位であった。

しかし、第6世代で環境が変わった。
新たに登場したフェアリータイプに弱点が突けるようになったのである。
しかもフェアリータイプは禁止級のゼルネアスを除けば軽量級ばかりが揃っており、大ダメージを非常に狙いやすい。
さらにORASでは基本重量が740kgという超重量を誇るメガハガネールが登場し、こちらのメインウェポンとしての採用も増えた。「ジャイロボール」とは「鈍足相手にも撃ちやすい」という点で差別化が利くのもポイント。

そして第7世代。
とうとう体重がカンストの999.9kgかつタイプ一致でこの技を使えるポケモンが登場してしまった。
この他フェアリータイプが前世代から更に増えたことで、役割破壊として例えばカビゴンバンバドロなどが持つようになった。
しかも「のしかかり」同様「ちいさくなる」に対して必中かつ威力2倍の効果が出るようになった為、これへの対策としても用いられるようになった。
現在優秀なフェアリー&害悪キラーとして注目が集まっている。

なお、一番活かせそうなメタグロス覚えない
まあメタグロスが覚えてしまうと、基本重量が942.9kgもあるメガメタグロスが188.5kgまでの相手に「かたいツメ」補正の入った一致威力120を叩き込んでくるという洒落にならない事態になるのは目に見えているが……

ちなみに技の名前はとあるバンドを思い起こさせるが、恐らく全く関係がない。
それどころか「ボンバー」自体がそもそも和製英語(英語""bomber""の""b""は読まない)であり、しかも””bomber""の意味は「爆撃手(爆弾を持つ人)」なのでこの技と全く関係がない。
一体どこがどう「ボンバー」なのか……。

関連タグ

ポケモン ポケモン技絵
ヒートスタンプ…同効果
けたぐり くさむすび…自分ではなく相手の体重によって威力が変わる技

pixivに投稿された作品 pixivで「ヘビーボンバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31187

コメント