ピクシブ百科事典

ナックラー

なっくらー

ナックラーとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

全国図鑑No.328
英語名Trapinch
ぶんるいありじごくポケモン
タイプじめん
たかさ0.7m
おもさ15.0kg
とくせいありじごく / かいりきバサミ / ちからずく隠れ特性


※ありじごく: ひこうタイプと「ふゆう」の特性を持つポケモンを除き、逃げられなくなる。
※かいりきバサミ: 相手に「こうげき」を下げられない。
※ちからずく: 追加効果のある技の追加効果がなくなる代わりに威力が1.3倍になる。

進化


ナックラー → ビブラーバ(Lv.35) → フライゴン(Lv.45)

ホウエン龍:みどりぐみ



概要

GBAルビーサファイア版(第三世代)で初登場。
砂漠地帯に少数が生息している。

アリジゴクをモチーフとしたポケモンだが、アリジゴクとは似ておらずカメの姿に近い。
名前の由来は奈落のアナグラムと思われる。

頭が大きく、七宝模様のような目が特徴的。
頭の形状はどことなくハッサムの鋏にも似ている。
あと、こげぱんというキャラクターにもそっくりである。

飢えに強く一週間は飲まず食わずで持ちこたえ、砂の大地にスリバチ状の巣をつくり、獲物が滑り落ちてくるのをじっと待ち続けている。
トラバサミのような巨大な顎は岩をも砕く破壊力を持ち、二回進化するポケモンの初期形態でありながら攻撃種族値は100を誇る。
ただ、幼体ということもあり生態系の上位というわけではないらしく、図鑑によればメグロコが好物として襲ってくることもある模様。

アリジゴクといえばウスバカゲロウの幼虫であり、進化すると羽が生えて飛ぶようになる。
むしタイプを持たないが、タマゴグループもドラゴングループではなく虫グループ。

性能

第一形態での攻撃力100は頭一つ抜けていて、優秀な拘束特性「ありじごく」を持つためリトルカップ(未進化限定ルール)等では大きな活躍を見せる。
素早さは10と極端に低く、ナックラーより遅いポケモンはゴンベしか居ないため、「トリックルーム」でサポートすれば有利に戦える。
いわタイプの技や先制攻撃などのサブ技も豊富に覚えるが、高い攻撃力からの一致「じしん」が何よりも強力。
勿論通常ルールで同じ戦法を展開してもよいが、相手の耐久が高いと耐えきられて反撃でやられてしまうこともある。

しかし、ビブラーバに進化すると攻撃力が下がってしまい、フライゴンまで進化しても100に戻るだけである。
更に言えばナックラー時代に存在していた3つの特性は進化させると全て「ふゆう」になってしまう。羽化するのに飛んでいないのはおかしいと言えばその通りなのだが、ひこうタイプをつけてあげられなかったものか……

また、「じわれ」などナックラーの時にしか覚えられない有用な技を多く持つ。
しかし、「じわれ」等の「ナックラーの時にしか覚えない技」の一部は、遺伝技に設定されていない。
つまり産まれた時点で「じわれ」や「フェイント」を覚えさせておきたい場合、両親をそれぞれナックラーのまま、Lv89又はLv81まで育てたものを預けないと、遺伝できない。
(レベル2以上で覚える技を両親が共に覚えていると、生まれたポケモンが覚えている)
同じタマゴグループで同じ技を覚えられるポケモンが殆どいないというのも面倒な所であろう。
どれもこれもライバル達への差別化には欲しい技だったりもするのがやるせない。
何故ここまでしなければいけないかというと、当時フラットルールがWi-Fi環境を除いて存在しておらず、特にオフラインでの大会ではレベル50で止める必要があったから。
Wi-Fiメインで戦っていた人には関係のない話……と思いきやLv89まで上げなければいけないことに変わりはない。

ただこの問題は、第五世代のブラック2・ホワイト2ではレベルの引き下げなどもあって少々改善されている(先述のじわれはLv89からLv73に、フェイントはLv81からLv61に下げられている)。
更に第六世代『XY』ではレベル1技としても設定されるようになった……のだが、続く『ORAS』では技習得レベルの大幅な見直しが行われレベル1技から除外されてしまった。
まあ除外されないと両親遺伝が実現できない(=遺伝技として認識されず、進化後の状態で忘れさせた時に「ハートのウロコ」で思い出せない)から仕方ないといえば仕方ないが。
とはいえ「フェイント」はLv29、「じわれ」はLv47と大きく引き下げられたので、育成は格段にしやすくなった。このレベル設定は第七世代にも受け継がれている。

ポケモンGO

2018年1月24日、第3世代実装第3弾の1匹として登場した。

位置づけとしてはメリープヒンバスに近く、野生の個体の出現率は非常に低い。
一応、じめんタイプの出現率が全般的にアップする「晴天」時には多少出やすくはなるが、それでもそう簡単に出会えるものではない。
実装直後は血眼になってナックラーを探し求めたというユーザーも多かったことだろう……

タマゴから孵化させるという手もあるが、やはりというか当然というか一番レア度の高い10kmタマゴからしか孵化してくれないため、やはりこちらからの入手も困難を極める。ただ、10kmタマゴから孵化するポケモンの中では孵化率が比較的高めに設定されているようで、定期的に10kmタマゴを割っているといつの間にか結構な数のナックラーがボックスにたまっていることも。
最終進化形であるフライゴンまで進化させようとなると125個もの膨大な量のアメが必要になるので、アメ集めを効率的に行いたいのであれば、タマゴの孵化も活用してみるとよい。

関連イラスト

いつか僕も
仲間!


ナックラー
Caramel



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン
ディグダ ダグトリオ……特性「ありじごく」仲間

pixivに投稿された作品 pixivで「ナックラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 835695

コメント