ピクシブ百科事典

こげぱん

こげぱん

『こげぱん』とは、サンエックス社のキャラクター。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

その名の通り焦げたパンで、生みの親はたかはしみき。1999年にサンエックス社から発売されたメモパッドが初出。以降、様々なキャラクターグッズが発売されている。パンの中に丸と棒を書いただけと言う非常に描きやすいデザインなのが特徴。

登場キャラクター

本作に登場するパン全てに言えるが、食品のくせに普通に食事する。さらに、牛乳を飲むと酔っ払う。

焦げパン

本作の主人公。元は一日限定10個しか販売されない超高級アンパンだったが、パン屋の手違いで真っ黒こげになってしまい、商品価値を失ってしまう。あきらめが早く自堕落でドジな性格。体が焦げているため腐敗しない。

こげぱんの親友。焦げ一家の中では珍しく手先が器用でまめな性格。頭もよく、こげぱんからは頼りにされている。牛乳癖は最悪。

こげぱんより更に焦げまくり、完全に炭化したアンパン。物静かな性格だが語り出したら止まらない。常に体が高温を発している。物凄く牛乳酔いに強い体質。

顔が滅茶苦茶長く、誰も目を見たことが無い焦げたスティックパン

甘えん坊なチョコパン

常にいつも迷いまくっている優柔不断なマヨネーズパン

焦げたフランスパン。顔が横に長く、フラフラしている。焦げ一家の中では温厚な部類。

丸ごと一斤焦げてしまった食パン。見かけに反してショックを受けやすい豆腐メンタル

なんでもすぐにごまかそうとするゴマパン

焦げすぎてカチカチに固まってしまった蒸しパン。それ故にフワフワした者に対するコンプレックスが強く、涙もろい。

運動音痴揃いの焦げ一家の中では珍しく体育会系な武道愛好家。しかし弱いため、どちらかと言うと会話で相手を丸め込むのを得意としている。

普通のパン

普通のアンパン。本来ならこげぱんもこの最上位品種になるはずだった。字がとんでもなく汚い。

普通のクリームパン。幼稚なキレイパンに比べると聡明な個体が多い。

こげぱんに似た色のパン。北海道牛乳小麦粉などの素材を使い、沖縄の黒糖で仕上げた。体育会系で運動神経抜群。

初期の頃は結構いたがなんかいつの間にかいなくなっていた。

期間限定販売されたパンだったが、好評につきレギュラー販売されることになった。努力家でけなげな性格。

中に夕張メロンクリームが入っている、緑色のメロンパン。ものすごいバカでおしゃべり。

いちごパンから派生したメガ盛り菓子パン。素直で純粋な性格のドジっ子だが、ベースがいちごパンなため頑張り屋。

中にリンゴジャムと角切りリンゴが納められている。東北弁で話す純朴なキャラ。

かなり脂分が多いためよく滑りやすい。毒舌で自分に対しても厳しい。キレイパン組の中では珍しく疑り深い性格。

他人のそばにぴったり寄りつく甘えん坊。関西風の味付け。

とにかく苦労性で気苦労の絶えないパン。

おしゃれに熱心だが、母国語のはずのフランス語は全然知らない。

常にもくもく湯気を出している。あんまんにくまんのコンビで売り出され、カレーまんが追加された。常にボーっとしている。

外部展開

養命酒のキャラクターとして

また2000年ごろには、薬用養命酒のキャラクターとして新聞広告に登場した。
こちらでのこげぱんは、
冷え症や胃腸虚弱に悩んでおり、体質を変えようと筋トレをしたもののすぐに疲れてしまい、半ばあきらめかけていたところへクリームぱんが現れ、養命酒を勧められる
という設定になっている。

メディアミックス

  • アニメ版:2001年11月に全10話が放送された。
  • ゲーム版:PSソフト「こげぱん/パンもゲームをやるらしい・・・」がAIAより販売されている。パズル「そろえてこげぱん」を中心に9つのミニゲームも収録されている。

その他、絵本や4コマなどが多数出ている。

pixivでは

ほかの作品のキャラクターをこげぱん化させた作品に、このタグがつけられることも多い。
特にアイドルマスターシリーズをこげ風に描いた、おだゆー氏の4コママンガ「こげどる」が不定期連載されている。
「こげぱん化」については別記事を参照のこと。

外部リンク

アニメ公式サイト

関連タグ

クリームぱん スミぱん いちごパン キャラクター
こげぱん化

pixivに投稿された作品 pixivで「こげぱん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145292

コメント