ピクシブ百科事典

ふりそで(トレーナー)

ふりそで

『ポケットモンスター』シリーズに登場するトレーナーの肩書きのひとつ。
目次[非表示]

概要

初登場は『ポケモンXY』。一般トレーナーの一種だが、かなり特異な扱いがなされている肩書きである。

なにしろ、

  1. 黄色肌に黒髪ツインテール×黒地に赤帯のふりそで
  2. 褐色肌にアッシュブラウンミディアムヘアー×ピンクと紫地に白帯のふりそで
  3. 白肌に金髪ツインテール×白地に黒帯のふりそで
  4. 白肌にオレンジベージュウェービーロングヘア×青系の濃淡地にピンク帯のふりそで
という女性ばかり4種のグラフィックが一度に描き下ろされているのである。

ふりそでのデザインも、ミニスカート型に切り詰めてリボンフリルを散りばめるという極端なアレンジが四者四様になされており、下手なユニークキャラクターより気合いの入った造り込みがなされている。なんという公式が病気シリーズ


基本的に各種1人ずつの4人1組で動くが、街中にはモブ扱いで単独行動するふりそでも若干数配置されている。2のピンク系が多く、リアルポケモンセンターのグッズにも同タイプが選出された事から、それが標準グラフィックという位置付けになっているようだ。
ヒャッコクシティにはポケモンの過去を振り返ってくれる「思い出娘」がいるが、彼女のグラフィックにもタイプ2が使用されている。

使用ポケモン

登場場所によって異なる傾向のテーマパーティを組むという、これまたありそうで無かった特徴を持っている。
戦闘前後のセリフも個性の強い、ネタキャラの宝庫でもある。

クノエシティジム

1組4人が登場。
フェアリータイプを専門とするジムなので、全員がフェアリーポケモンを使用する。

性格はごく一般的なジムトレーナーのように見えるが、グラフィックに輪を掛けて特異な内装や、リーダーを含め全員が女性という構成から気後れする男性トレーナーも多かったようで、彼らの間では何か特殊な人々が集うサロンと看做す意見が広まっていたりもする。

ふりそでちゃんの休日



バトルシャトー

「マーショネス」と「ダッチェス」に1組ずつ、計8人が登場。
全員がタブンネ単種統一パという極めて珍しい構成をしている。
タブンネと言えば、廃人層にはお馴染みの狩り対象であり、新手の「道場」として配置されているものと思われる。

しかし、魅惑のボディ(ボディビル的な意味で)を誇る者や、でかいきんのたま200個分相当の超高額ふりそでを着る者など、そうした後ろ暗さを吹き飛ばす程の濃い面々揃いであるため、良くも悪くも前世代ほど虐待は話題になっていない。
中には「強くなければ価値がないのか?」と別方向の問題定義をしている者もいるのだが・・・

経験値欲しさに



レストラン・ローリングドリーマー

1組4人が登場。全員が「天候パ」の使い手である。

そもそもが「胡散臭いぼったくり寿司屋」というコンセプト(?)の店であるため、相応の人材が集まっている。
名前が全員寿司用語な上、カタコトの者あり、「ローリングダンスショー」と称するただその場でゆっくり回ってるだけにしか見えない謎のダンスあり、「チョット ダケヨー!!」などと言い始める者ありとツッコミどころしかない

ローリングドリーマー



バトルハウス

「スーパー」クラスのトレーナーとして1組4人が登場。
全員がブイズパ」を使う。施設の性質上、登場タイミングや構成は毎回変化する。

セリフは上の2施設よりはまともで、ハウス全体から見てもおとなしい方。
その分影は薄く、そもそも彼女達と戦えるレベルに達するトレーナー自体数が限られるため、現在に至るまで1点も作品が投稿されていない。

アニメ版

クノエジムに挑戦するアニポケXY73~74話にて、ゲーム版でジム内にいる4人がそのまま登場している。
また、販売店やファッションショーが描かれた関係で、モブとしてオリジナルデザインのふりそでが多数追加された上、セレナにも1着渡されるというゲームに輪を掛けた力の入れようであった。誰がここまでやれと言った

マーシュさんの衣装


このうち、黄色いふりそでを着た女性がユリーカにシルブプレされている。

関連タグ

ポケモンXY 一般トレーナー マーシュ(トレーナー)
振袖

以下の5名については個別記事が作られている。カッコ内は登場場所とグラフィックタイプ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ふりそで(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1422185

コメント