ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

メブキジカ

めぶきじか

メブキジカとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0586
イッシュ図鑑No.160
パルデア図鑑No.191
ブルーベリー図鑑No.039
ローマ字表記Mebukijika
ぶんるいきせつポケモン
タイプノーマル / くさ
たかさ1.9m
おもさ92.5kg
せいべつ50%♂・50%♀
とくせいようりょくそ/そうしょく/てんのめぐみ(隠れ特性)
タマゴグループりくじょう

他言語版の名称

ドイツ語Kronjuwild
英語・スペイン語・イタリア語Sawsbuck
フランス語Haydaim
韓国語바라철록
中国語萌芽鹿

進化

春色ポケモン シキジカとメブキジカ(はるのすがた)

シキジカメブキジカ(Lv.34)


概要

ポケットモンスター ブラック・ホワイト』(第5世代)に初登場したシキジカの進化系。

進化前の子鹿から大人の鹿へ順当に成長した姿。胸からは誇らしくモフモフとした胸毛を生やしている。


未成熟だったも成木のの如き立派なものへと育ち、この角がもっとも大きい個体が群れのリーダー格に収まる。

キリっと凛々しくなった目つきに違わず、無邪気だった気質も勇敢になり、野生では若いシキジカ達を引率して外敵から守るという。


名前の由来もまんま「芽吹き鹿」で、季節によって住処を変える習性から『春を運ぶポケモン』だと考えられていた。

つまり、彼らの出現=草花が芽吹く季節である事を表すため、この名が付いたという訳である。


メブキジカのすがた

シキジカは季節によって体色が変わっていたが、こちらは常に茶色ベースから変化する事はない(ただし、部分部分の色や毛並みは異なる)。


その代わり、頭の角に生える草花の種類や有無が変わる特徴があり、この変化で人々は四季というものを感じていた。

現在では愛好家も多いポケモンで、量や色合いでその美しさを測るのだとか。


ゲーム上の仕様はシキジカと全く同じなため、詳細はそちらの記事を参照。


春ですね

デフォルトの姿。角には葉はなく、ピンク色の梅のようなが咲いている。この花が淡い薄紅色であるほど美しいとされている。

ツノの花が多い個体は、そちらに栄養を持って行かれるので身体の成長が遅めらしい。


メブキジカ(なつのすがた)

角の花は無くなり、ケヤキのような青々とした葉が立つように茂っている。この枝葉がぶ厚く大きいほど見事とされている。

またこの季節だけ胸毛が無い。葉っぱはお茶に加工され、特にパルデア産の茶葉は香りが強い。


秋の訪れ

角の葉は垂れ下がるようになり、色もオレンジに紅葉した。この葉の赤が濃いものほど乙とされている。

気性が一番荒い時期で、オス同士で激しく争うと言われている(おそらく繁殖期?)。


あったかいおかあさん!

角の葉は無くなりくなる。胸毛も大きくなり首元全体を覆うようになる。

膝から下はモフモフした毛で覆われている。またクリーム色だった部分は、すべて白くなっている。

角に何も無いため愛好家に好まれない姿とされるが、最も性格が落ち着いている時期であり、躾けてパートナーにし易いとされる。


性能

HPこうげきぼうぎょとくこうとくぼうすばやさ合計
8010070607095475

「こうげき」「すばやさ」の高さはなかなか魅力的だが、耐久は決して高くない。

また進化前にも言えることだが、タイプ的には微妙で弱点タイプも6つと多い。


技は比較的豊富で、物理版「ギガドレイン」である半固有技ウッドホーン、思い出しでメガホーン、技マシンでワイルドボルトを覚えさせることができる。

また、四つ足ポケモンにしては珍しくかくとう技とびげりも覚えるため意外と対応できる相手は多い。

当然ノーマルタイプでもある為おんがえし」「すてみタックルも候補に挙がる。

第5世代ではwi-fi環境においてLvアップ技であるしぜんのちからじしんになった為、はがねで止まらない「ようりょくそ」持ちとして一時期騒がれたが、第6世代ではトライアタックになってしまった為事実上没収された。

補助技はやどりぎのタネくさぶえの他でんじはも覚えたりするが、粉系統の技がないのがネック。


特性は「そうしょく」であればくさタイプの攻撃を受けて能力を上げつつ登場できる。自身が「メガホーン」を覚える為交代要員として優秀。

ただしキノガッサ相手だと返り討ちに遭ってしまうので乱用は禁物。

「ようりょくそ」であれば「すばやさ」が強化されるため、天候「晴れ」のお供にどうぞ。ノーマル技のお蔭でドラゴンでは止まらないのが特徴。


隠れ特性「てんのめぐみ」は効果自体は強いが、肝心の適用技が「いわくだき」「エナジーボール」そして「しぜんのちから」で出る「トライアタック」くらいしかなかった。

その為何とも微妙感が拭えなかったが、ORASでひみつのちからを獲得し、通信対戦でこの技は3割「まひ」となり、漸く活路が見出せるようになった。その後も「とびはねる」や「ずつき」などを習得している。


第8世代で「とびげり」が削除されたため、第9世代現在のまともな格闘技はにどげりぐらいしかない

一方で「じゃれつく」、「のしかかり」、「あなをほる」、「しねんのずつき(レベル技にも追加)」、「10まんばりき(碧の仮面以降)」などのサブウェポンが多数追加された。意外なことに「スマートホーン」や「タネマシンガン」を覚えたのも第9世代からである。

何気に「リーフストーム」も習得しているが、とくこうが低いため、採用されることはまず無いだろう。


使用トレーナー

ゲーム版

※1:『ポケモンマスターズ』の(シーズン22)バディ


アニメ版

 

漫画版

  • ヒオウギトレーナーズスクールC組(ポケスペ)
  • センリ(ポケスペ)

アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • カベルネのメブキジカ
    • ポケモンソムリエのカベルネの手持ちとして登場。技は「とびげり」、「メガホーン」、「ウッドホーン」の三つ。デントのヤナップの技でダメージを受けていた事から特性は「ようりょくそ」(サトシに対して「クルミルをようりょくそ持ちに替えろ」と勧めたのはおそらくこれ。なおサトシの場合は「むしのしらせ」の方が相性良かったりする)。

フフフ


  • BW54話
    • シキジカとメブキジカは各季節ごとに特定の姿のものしか見る事が出来ないが、ロバート曰く春夏秋冬それぞれの姿をしたメブキジカが一堂に集まる『奇跡の場所』があるのだという。これまでサトシ以外誰も信じなかったそうだが、サトシとロバートはついにその光景を目の当たりにする。
    • なお、この2人はアイリス・デントと「はぐれて一晩経っていた」のに対して、後に合流したアイリスとデントがいうには「はぐれて10分しか経っていなかった」という…。

  • BW90話
    • ジュニアカップ参加者・コバシの手持ちで登場。

その他

BW59話・60話・120話
XY85話(新聞紙の紙面)
めざポケ1話
劇場版黒き英雄白き英雄キュレムVS聖剣士ケルディオ神速のゲノセクト_ミュウツー覚醒

『アニポケ・リコとロイの旅シリーズ

  • 1話:冒頭で登場
  • 10話:コルサのアトリエにある彫刻で登場(夏)。

関連イラスト

春の姿メブキジカ(夏)

メブキジカまってろもふもふ


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン BW BW2

ポケモン一覧 ノーマルタイプ くさタイプ


0585.シキジカ0586.メブキジカ→0587.エモンガ


同複合タイプ


関連ポケモン等




  • その他

関連記事

親記事

シキジカ しきじか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1282401

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました