ピクシブ百科事典

富竹ジロウ

とみたけじろう

富竹ジロウとは、07th Expansion制作の同人ゲーム、「ひぐらしのなく頃に」およびその関連作品、メディアミックス作品に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「僕は富竹。フリーのカメラマンさ」

概要

野鳥や風景を撮るフリーのカメラマン。
雛見沢村在住ではないが、ダム戦争の少し前から、季節毎に東京から雛見沢を訪れ、一週間ほど滞在する。
村では顔と名前を知られた存在。

容姿

筋骨隆々たる体格。
緑の帽子をかぶり、眼鏡、ランニングシャツに登山用ズボンを着用。
常時カメラを持ち歩く。
音声メディアにおける声は、大川透が担当している。

人物・性格

物腰はやわらかく大らか、真面目で温厚。
村人とは面識があり、爽やかな性格ゆえ評判も悪くない。

部活メンバーにとっては有名人。ただし「メジャーデビューはしていない」と認識されているようだ。
「富竹ジロウ」はカメラマンとしてのペンネーム。
うぶ。女性遍歴は乏しい。最後に女性と手をつないだのは林間学校のフォークダンスらしい。
鷹野三四と交際?中。尻に敷かれ、振り回されている。ナース萌え。




……しかしてその正体は、自衛隊二尉にして、教官を務めた事もあるという射撃のスペシャリストであり、そして秘密結社「東京」から派遣された雛見沢症候群の研究所である「入江機関」の監査役である。
彼が定期的に雛見沢を訪れているのは、入江機関の研究成果等を調査し、報告するため。一方鷹野三四は表向き看護婦を装っているが、入江機関のトップであり、富竹にとっては彼女は恋人であると同時に監査対象という関係にある。
しかし彼女と、彼女を利用していたある組織の企みには気付いておらず、物語のほぼ全編にわたってその犠牲となってしまう。

惨劇を回避するための総ての条件がそろった最終局ではその死を回避し、その経歴に見合った活躍を見せる。そして一人救われない立場となった三四の前に現れると、彼女もまた雛見沢症候群の罹患者である事を指摘し、泣き崩れる彼女を優しく抱きしめた。


本編お疲れ様会などでは、トミーとして、K(前原圭一)、イリー(入江京介)、クラウド(大石蔵人)と
魂の兄弟(ソウルブラザー)であることを誓い、主にエロスや萌えの方面で活躍する。

トミー



時報

各編において、彼の死をきっかけに話が急展開することから、ファンの間ではその事件や富竹自身を指して、「時報」と呼ばれている(逆にいえば彼が生存していればハッピーエンドが約束されているため、実は物語の真のヒロインであるとは原作者の竜騎士07の発言。)。

関連タグ

ひぐらしのなく頃に 
富竹

関連人物
鷹野三四 入江京介

関連コンビ・カップリング
富鷹 ソウルブラザー

その他
眼鏡 時報 富竹フラッシュ 本田フラッシュ
----

これを見たあなた、どうか続きを編集してください。それだけがわたしの望みです。

pixivに投稿された作品 pixivで「富竹ジロウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 261952

コメント