ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

番犬(ひぐらしのなく頃に)

ばんけん

『東京』と呼ばれる組織が保有する架空の私的軍隊ないしは命令を下せる架空の陸上自衛隊の特戦部隊。

この記事はネタバレを含みます。


概要

東京』と呼ばれる組織が保有する架空の私的軍隊(ないしは命令を下せる架空の陸上自衛隊の特戦部隊)。皆殺し編祭囃し編にて登場。設定では《東京》の中では新体制派寄り。

指揮系統としてしは、東京から自衛隊上層部、調査部(岡一佐)、富竹、番犬部隊となっている。


暴動鎮圧・戦闘に特化した人材と装備を有し、同じく《東京》に属する《山狗》と同じく極秘裏に設立された。《山狗》とは一線を画すだけでなく、練度も《山狗》一同を上回る。

ただし、雛見沢症候群の資料を熟読しておらず、予防接種を過信していた面があり、それを富竹に指摘されている。


雛見沢村においては、富竹二尉を連絡員として入江機関と《山狗》の監査・監視を行ない、祭囃し編では山狗包囲・武装解除のためついに動いた。


因みに原作では、ヘリが雛見沢(入江診療所)に着陸した事を誤魔化すためか、間違えて着陸したという噂が流れていた。幸い住民が自衛隊に好意的だったため、特に追及されなかった。


澪尽し編では、富竹が番犬部隊の指揮を執っている。部隊は空挺部隊(ヘリ)と地上部隊(ジープ)に分かれて行動している。


装備

媒体によって異なるが、小銃が基本装備である事は共通している。「業」「卒」では服装が戦闘服(自衛隊のOD作業服)と装具一式から、民間の作業服(茶色)のみになっている。


M1911(小此木造園に客として潜入した隊員が所持)

M16(ほぼすべての隊員が携行している)

MP5(澪尽し編にて、番犬部隊と合流した富竹が使用。山狗と同じ銃と書かれてるため、MP5と思われる)


ワゴン車(「業・卒シリーズ」のみ)

ジープ(自衛隊で運用)

UH-1(自衛隊で運用、時代的に恐らくH型)

KV-107(当時の自衛隊が運用、原作では当時採用前のCH-47の画像が代用で使用されている)

関連記事

親記事

ひぐらしのなく頃に用語一覧 ひぐらしのなくころにようごいちらん

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました