ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ひぐらしのなく頃に」に登場する架空の組織。

《東京》とは

旧七帝大卒業者たちによる同窓会組織で、日本政界を裏から牛耳るシャドーガバメントのひとつ(ゆわゆる学閥)。
自衛隊内に《山狗》《番犬》等の子飼いの軍事組織も有し、各界の名士が名を連ねる。
入会に厳正な条件を設けている。

かつては、戦後米国の傘下に納まる事を由とせず、列強諸国と肩を並べるべく戦前の日本の復活を目的としていた。
(これは、戦前・戦中生まれの元軍属の政府要人やその関係者が主に所属していたことに起因している。)

しかし現在では、時代の流れと共にそうした古い者たちが(高齢化などで)政界を退き、《東京》内部で世代交代が進行。

《東京》で最も力のあった小泉氏の死亡により、旧体制はほぼ瓦解。時代に即した経済・外交等を主とした平和路線へと方針が変更され、こうした新体制が主流となる。(《東京》の政変)

旧体制の流れをくむ派閥《A.B.C.理事会》の監視を目的に、《番犬》から富竹二尉を監査役として入江機関に派遣する。

存在が発覚すれば、他国からの非難の対象となる《A.B.C.プロジェクト》は危険視され、それに属する雛見沢症候群の研究も、3カ年計画を以って秘密裏に打ち切られる事になっている。

一概に《東京》といっても、様々な派閥が存在する。

関連タグ

ひぐらしのなく頃に / ひぐらしのなく頃に解
入江機関 / 山狗 / 雛見沢症候群 / 緊急マニュアル第34号
入江京介 / 鷹野三四 / 富竹ジロウ / 小此木鉄郎
高野一二三

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント