ピクシブ百科事典

山狗(ひぐらしのなく頃に)

やまいぬ

「ひぐらしのなく頃に」に登場する架空の自衛隊部隊。その名称。この記事はネタバレを含みます。

概要

ひぐらしのなく頃に」に登場する、架空の陸上自衛隊部隊のひとつ。

秘密結社《東京》に属する部隊・ないしは東京の特命で動ける陸上自衛隊の特務部隊の一つ。
本来は、毒ガス戦の研究を名目として極秘裏に設立されたといわれ、正式な名称は「第733装備実験中隊」とされる(元ネタはおそらく旧日本陸軍の731部隊。もちろん現実かつ当時の陸上自衛隊ではあり得ない存在である。)。
機密保持を専門とし、諜報・工作等、雛見沢においては主に荒事を片付けることを仕事としており、L5発症者の確保なども行っている。

隊長は小此木鉄郎が務めているが、元々小此木をはじめとする同隊の隊員一同は戦闘職とも言えるセクションだったため、これを見た鷹野三四に「戦闘職では決して体験できない諜報や工作も経験できる」という誘いを受けて、鷹野に部隊ごと買収されるという形で属することになった。

入江機関の要人警護及び女王感染者の警護を任されている。練度は確かにあるが、それでも設定では《番犬》には劣っていた。

隊員は雛見沢の一市民や、隊長・小此木が経営する「小此木造園」の従業員として溶け込んでおり、その他にも雛見沢周辺地域、県警内部等に工作員を配備している。

その後、鷹野三四の終末作戦の実行部隊となるが、祭囃し編では雛見沢分校の部活動メンバー一同のアクションによりその行動を阻まれた上で、この暴挙を見かねた富竹ジロウ《番犬》の出動を決断し《山狗》を完全包囲するに至った。

頑迷かつ迷走する指令を出し続ける三四に対し、ついには隊員が責任追及を加えた報復を行い、あわや三四を殺害するという直前に富竹の呼びかけにより隊長・小此木は司法取引に応じる旨を告げ、隊員たちも投降した。

その後の顛末は描かれていないが、自衛隊の一部隊、それも特務部隊ともいえるものが一士官によって買収により私物化されていた事実なら自衛隊の倫理規定違反であることは明白であり、山狗部隊は解体されていると考えられる。

関連タグ

ひぐらしのなく頃に / ひぐらしのなく頃に解
小此木さん / 雲雀13 / 黒幕 / 緊急マニュアル第34号 / 入江機関 / 《東京

関連記事

親記事

小此木さん おこのぎさん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山狗(ひぐらしのなく頃に)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1293

コメント