ピクシブ百科事典

L5

えるごまたはえるふぁいぶ

アニメ・ゲーム・ノベルゲーム『ひぐらしのなく頃に』の概念・分類。その他の意味については本記事の最下部にある曖昧さ回避の項を参照。
目次[非表示]

概要

ひぐらしのなく頃に」における架空の風土病である雛見沢症候群の症状進行の最終段階。「レベルファイブ(Level 5)」の略。

レベルは大きく1~5の5段階表記であり、細かく分けると7段階となる。
それぞれ
L1
L2
L3-/L3+
L4
L5-/L5+

と割り振られている。
これら全てを総称して感染者、潜在保菌者と呼ばれることがあり、女王感染者と呼ばれる特別な感染者もいる。

舞台となる昭和58年時点では、人間脳内に寄生する寄生虫が原因の病とされ、雛見沢に伝わるオヤシロさまの祟りにも、発症者と思われる兆候が見受けられる。現在も機関による研究、治療薬の開発等が進められている。

また、昭和58年時点では、一度L5発症した者が治療薬を使用したとしてもL3までしか回復ができず、L2以下への回復は不可能とされるが、罪滅し編のレナと圭一のように、信頼できる人間からのアプローチによって、L5発症から低レベルへの緩和ができる可能性もある。良くも悪くも、発症者の精神力に左右されるところが大きい。

ひぐらしまとめ②



作中での発症レベルの扱い

  • L1

予防薬投与した人物、あるいは症候群に患っていない人物(作中では明言されていない)。

  • L2
この段階以上の者は、緊急マニュアル34による処分対象となる。雛見沢村の住民はほぼこれに該当するため、もしマニュアルが発動された場合、実質村が
全滅することになる。
  • L3-
日常生活への影響はないが、誰かの気配を感じ、その人物とおぼしき声が聞こえることがある。L5に至った者が治療により回復できる限界(昭和58年時点)。

兄と妹


  • L3+
非常に軽微な幻覚、幻聴、病状の進行により物事を曲解するようになり、他人に疑心を持ち始める。

ひぐらし


  • L4
幻覚・幻聴、異常行動などが目立つ。極度の疑心暗鬼人間不信に陥る。

ひぐらし


  • L5-
L4の症状に加えて危機妄想があらわれるが個人差が大きい。リンパ腺の辺りに強い痒みを感じる。

センシティブな作品


  • L5+
幻覚・幻聴の症状が最大限になる。いないはずの人間をいるものと誤認することがある。周りの人間全てが自分を殺そうとしているという妄想に陥り、防御本能により周りに無差別な攻撃行動を加えるようになる。ひどい錯乱状態にあり、記憶も混乱する。最終的には、自分の手でのどを搔き毟って死亡することが多い。

「もう泣かないでいいよ」
私は だあれ



各編の主な発症者

各編人物名人物名
鬼隠し編前原圭一鷹野三四 / 富竹ジロウ
綿流し編園崎詩音(真魅音)鷹野三四 / 富竹ジロウ
祟殺し編前原圭一 / 北条沙都子 / 北条悟史鷹野三四 / 富竹ジロウ
目明し編園崎詩音(真魅音)鷹野三四 / 富竹ジロウ
罪滅し編竜宮レナ鷹野三四 / 富竹ジロウ
皆殺し編鷹野三四 / 富竹ジロウ
祭囃し編鷹野三四


  1. )富竹ジロウは「H173」による強制発症。

  1. )綿流し編目明し編では、滅菌作戦が実行されていない。羽入が言う「意志の強さが運命を変える」ことが本当であれば、詩音(真魅音)は単独で鷹野の「絶対の意志」を打破ったとも考えられる。
(祭囃し編>皆殺し編>綿流し編目明し編における詩音の意志>綿流し編目明し編祭囃し編以外の全編における鷹野の意志>鬼隠し編におけるレナ・魅音(真詩音)の意志(罪滅し編の圭一に奇跡を起こさせた))

関連タグ

1.

雛見沢症候群 つかさ症候群/T5 竜宮レナ 北条沙都子 富竹

2.

SF 機動戦士ガンダム コロニー

曖昧さ回避

1.病気の症状の重さ。治療はかなり困難になる。
2. ライトノベル「とある魔術の禁書目録」と一連のスピンオフ作品群における「能力者」の格付けの最高位。
3.ゲームなどにおける勇者モンスターの初期設定に多いレベル(レベル1も多い)。
4.ゲーム会社の誤記。正確には「レベルファイブ」。イナズマイレブンの大ヒットでも知られる。
5.太陽系内の地球公転軌道上におけるラグランジュ点のひとつ。スペースコロニーの設置場所の候補とされる。

関連記事

親記事

雛見沢症候群 ひなみざわしょうこうぐん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「L5」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 424144

コメント