ピクシブ百科事典

皆殺し編

みなごろしへん

「皆殺し編」は、同人サークルである「07th Expansion」が製作した同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に解」(ひぐらしのなく頃にの解答編)の第三話。
目次[非表示]

井戸の外の世界が知りたくて。
私は井戸の底から這い上がろうとしました。

井戸の外の世界が知りたくて。
何度、滑り落ちて全身を打ち付けても上り続けました。

でも気付きました。
上れば上るほどに落ちる時の高さと痛みは増すのです。

外の世界への興味と全身の痛みが同じくらいになった時、
私は初めて蛙の王さまの言葉の意味がわかりました。


—————————Frederica Bernkastel

概要

サブタイトルは「~最期の真実~」

2005年12月 コミックマーケット69にて、同人サークル07thExpansion製作の同人ゲーム「ひぐらしのなく頃に解答編の「ひぐらしのなく頃に解」第三話として発表された。
出題編を含めた本編全体では第七話にあたる。

本作では、出題編3作の主人公である前原圭一、ミステリアスな雰囲気を漂わせながらも今まで謎だらけだった「暇潰し編」のヒロイン・古手梨花を中心に話が展開し、これまでの6話で語られた世界の構造や、「謎」に関する重要な内容を多く含む。

過去6作品の全てに繋がる重要な内容が数多く含まれており、梨花が誰に殺されるか、今までの連続怪死事件などの真相の多くが語られることとなる。その内容には普遍的なミステリーに対するメタ的な要素と取れるものもあり、「罪滅し編」同様に波紋を呼んだ。それらの話題については以下に記述する。また初めて選択肢が出てくるがストーリー展開に影響はしない。

初めて選択肢が出てくるがストーリー展開に影響はしない。また、羽入が初登場する。

ドラマCD漫画アニメ小説、コンシューマーゲーム化もされている。

メディアミックス作品

ドラマCD

「ひぐらしのなく頃に解 第三話 皆殺し編」
発売:HOBiRECORDS、販売:WAYUTA 全2巻(前後編)
前編 HBDC-087 音楽CD6枚組
後編 HBDC-088 音楽CD3枚組

コミック

「ひぐらしのなく頃に解 皆殺し編」
原作:竜騎士07、作画:桃山ひなせ
Gファンタジーコミックス(スクウェア・エニックス)
版型:B6版 全6巻
1巻 978-4-7575-2450-7
2巻 978-4-7575-2588-7
3巻 978-4-7575-2662-4
4巻 978-4-7575-2762-1
5巻 978-4-7575-2853-6
6巻 978-4-7575-2971-7

アニメ

TVアニメ「ひぐらしのなく頃に解」(第2期)
第6話「皆殺し編 其の壱 迷路の法則」
第7話「皆殺し編 其の弐 運命の変え方」
第8話「皆殺し編 其の参 揺らぎ」
第9話「皆殺し編 其の四 交渉」
第10話「皆殺し編 其の伍 対決」
第11話「皆殺し編 其の六 強い意志」
第12話「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」
第13話「皆殺し編 其の八 終末」

小説

「ひぐらしのなく頃に解 第三話~皆殺し編~」
著:竜騎士07、挿画:ともひ
講談社BOX 
版型:B6版 上下巻(全二巻)
上巻 978-4-06-283677-7
下巻 978-4-06-283680-7

コンシューマーゲーム

アルケミストより発売された
ひぐらしのなく頃に祭」に「第捌章 皆殺し編」、
ひぐらしのなく頃に絆」第三巻 螺 に「皆殺し編」として収録。

2015年3月12日に加賀クリエイト(加賀電子)より発売予定の「ひぐらしのなく頃に粋」にも収録されることが決まっている。⇒公式サイト内 収録シナリオ紹介

関連イラスト

「梨花」
皆殺しじゃー


鷹野三四
神の座



関連タグ

出題編ひぐらしのなく頃に鬼隠し編綿流し編祟殺し編暇潰し編
解答編ひぐらしのなく頃に解目明し編罪滅し編皆殺し編祭囃し編
ファンディスクひぐらしのなく頃に礼賽殺し編昼壊し編罰恋し編


疑心暗鬼/哀しき悪役/雛見沢症候群
因果を越えて絶望を断つ希望

他の記事言語

Mina-Goroshi Edit

関連記事

親記事

解答編(ひぐらし) かいとうへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「皆殺し編」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「皆殺し編」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75736

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました