ピクシブ百科事典

731部隊

ななさんいちぶたい

旧日本軍に存在した生物化学兵器の研究組織。「731」は秘匿名称であった。
目次[非表示]

概要

 日中戦争前後に満州に駐留していた日本陸軍関東軍の部隊の一つ。正式名称は「関東軍防疫給水部」であり、通称が満州七三一部隊といわれ、創設者の名称をとって石井部隊ともいわれる。この部隊は表向きは軍の防疫対策(すなわち感染症予防の対策)や給水技術(軍隊に安全な水を供給する方法など)を研究する組織としていた。
 

歴史

 軍医中将石井四郎は昭和7年(1932年)に陸軍軍医学校防疫部生物化学兵器の研究開発を目的とする秘密組織を創設、翌昭和8年には関東軍の出先機関となった。昭和11年(1936年)、この部隊をもとに関東軍防疫部が設立された。昭和15年(1940年)にこの部隊は関東軍防疫給水部(満州第659部隊)に改変され、その関東軍防衛給水部本部が731部隊である。

 
 研究された兵器は小規模での実験的実戦投入がされたらしく、大規模実戦も計画された可能性もあるものの、米軍原爆投下やソ連の対日参戦を受け、大本営の命令により撤退と証拠隠滅が図られ、施設や各種資料は破壊され、関係者の多くは本土へ引き揚げた(なお、一部の関係者はソビエト連邦により逮捕され、ハバロフスク裁判にかけられた)。

戦後

 戦後、彼らの調査結果である実験資料は高度な水準と見なされ、が挙って入手しようと目論んだ。当時は毒ガスなどが用いられ悲惨なことになった第一次世界大戦の反省から化学兵器の実戦使用を禁じるジュネーブ条約が存在したため、研究や生産は一応はできるものの、表立っての研究もあまりできない状況であった。
 しかし当時の日本はこの条約を批准していなかったため、批准していた各国が表立ってできなかった人体実験と実戦的兵器開発を可能としていた。
 そして資料のほとんどはアメリカ(現地に残された資料はソ連と中華人民共和国が入手)のものとなり、引き換えに関係者のほとんどは戦犯として裁かれることはなく、免罪符を手に入れた彼らは戦後社会に溶け込んでいった。

黒い噂

 この部隊では生物化学兵器の研究やそれに伴う各種の実験を行っており、非人道的な人体実験を行っていたと言われている。

 一説では生理学的実験(凍傷や銃創などの試験や治癒状況の調査)、毒ガスを主とする化学兵器コレラペストを使った生物兵器を、性病に関する実験等を研究し、それらの兵器の効果や持続性などの研究。その為に中国人ロシア人などの捕虜や(スパイ容疑などの)囚人、または(それらと間違われた)民間人を集め、彼らを隠語でマルタと呼び、様々な人体実験を繰り返していたなどと言われている。

 元731部隊の隊員としては、薬害エイズ事件の中核企業日本ブラッドバンク⇒ミドリ十字」を興した内藤良一が有名である。
 また、帝銀事件(1948年に帝国銀行椎名町支店において青酸化合物を服用させ現金等を強奪した事件、冤罪疑惑が発生したことでも有名)の真犯人もこの部隊の隊員が関与しているとの説がある。

噂と論争

 731部隊に関する歴史的資料は証拠隠滅や極秘扱い、アメリカの思惑などがあって一般人の見える範囲にはあまり残されておらず、部隊の活動などを疑問視する見方もある。また、この部隊は日本に存在した陸軍軍医学校防疫研究室(別名:陸軍防疫給水部)が大元であり、731部隊は単なる研究実証機関に過ぎないという意見もある。

 上述の論争は森村誠一氏が発表した『悪魔の飽食』という書籍が主な根拠とされているのだが、殆どが史実に関して誤りであり、もはやフィクションだと主張する声も多く、戦後も冷戦下で日本やアメリカと対峙したソ連による「プロパガンダ小説」だとする批判もされている。また、アメリカ国立公文書館が公開した731部隊に関する10万ページにも及ぶの機密文書にも、731部隊が人体実験を行ったり細菌戦を行ったとされる記録は一切なかった。

一方で、アメリカ合衆国グレートソルトレイク砂漠にあるアメリカ陸軍の実験施設ダグウェイ細菌戦実験場に存在する、戦後にアメリカの科学者たちが元731部隊員へのインタビューを元に製作したとされるダグウェイ文書には、炭疽菌などに関する731部隊が撮影したとされる臓器写真記録が存在するという。
また、1981年に731部隊に赴任して凍傷研究に従事していた医学者である吉村寿人氏は、日本生理学会にて自分も関わった731部隊の生体実験及びその記録と推定されるものを公表し、これを自分たちの成果として自慢して問題となったことがある。

731部隊はノモンハン事件(昭和14年)の際に、石井軍医中将が特殊な技術の石井式濾水機を考案し、現地での給水活動にあたるなど、防疫(伝染病を予防し、またその侵入を防ぐ)を行っていた部隊という側面もあった。
大陸では洋の東西を問わず、糞尿を川にそのまま垂れ流す風習があり、このため過去においては西洋でさえペストが大流行しており、人口の3分の1が失われるという猛威を振るっていた。
そのため大陸における衛生的な給水は、の行動にとって重要事項だったのである。

関連項目

日本軍 関東軍 第二次世界大戦 満州 石井四郎 生物化学兵器生物兵器 化学兵器
レッテル貼り

pixivに投稿された作品 pixivで「731部隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5192

コメント