ピクシブ百科事典

大石蔵人

おおいしくらうど

大石蔵人とは、07th Expansion制作の同人ゲーム、「ひぐらしのなく頃に」およびその関連作品、メディアミックス作品に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

CV:茶風林、実写映画版:杉本哲太/大杉漣

概要

大石蔵人(おおいし・くらうど)とは、07th Expansion制作の同人ゲーム、ひぐらしのなく頃におよびその関連作品、メディアミックス作品に登場するキャラクターである。

容姿

恰幅のよい体型。
グレーの髪をオールバックにしている。
黒のシャツに赤いネクタイ。
ズボンを赤いサスペンダーで吊っている。

人物・性格

キレ者でねちっこい。食えない男。
口癖は「よいお年を」「んっふっふ」。
XX県警興宮警察署に勤務する刑事。
雛見沢の謎を昭和53年より以前から追っている。
連続怪死事件の最初の事件の被害者であるダム建設現場監督とは古くからの親友であり、兄とも父とも慕っていた人物だったために、捜査に対して並々ならぬ思いで臨んでおり、執着する要因となっている。彼の人格形成にも大きく関わった人物であった。

一連の事件は、全て園崎家もしくは村全体が犯人であるとの仮説をもち、捜査を続けている。
幾重もの経験に裏付けられた自信と知識、老獪さで立ち回る、叩き上げのベテラン。
でっぷりとしたメタボリックな体型だが、若い頃は悪タレと呼ばれるほど喧嘩慣れしており、柔道や剣道をたしなんでいることもあり腕っ節は強い。
犯罪に関する嗅覚も非常に鋭い。独自の情報網を持ち、情報屋や協力者を介して裏社会や村の裏事情にもある程度生通している。
捜査では定年間近ということもあり、事件解決に対して焦りを感じているのか、手段をあまり選ばなくなっている節が見られる。そのせいかアウトローな手段に訴えることもあり、その刑事独特の雰囲気などが上層部と雛見沢村住人からは疎まれている。
前原圭一など、村との繋がりが薄いと思われる者に接触し、断片的な情報を与えて泳がせることで真犯人に辿り着こうと目論む。失踪前の時期に失踪者の周囲につきまとう姿から、「オヤシロさまの使い」と渾名されてしまっている。

しかし、彼の事情を知る者や熊谷勝也を始めとする現場の刑事たちからは、良きまとめ役として信頼されており、素の彼はとても面倒見が良く気さくな人物である。

昭和58年度で定年退職の予定。


麻雀はかなりの腕前。つばめ返しができるレベルであるが、赤坂衛の技量には劣る。
「1年目の祟り」の被害者とされるダム現場監督は父親のような存在だった

暇潰し編では、潜入捜査のためやってきた赤坂衛を雛見沢へ案内し、行動を共にした。

夜遊びと酒にも強く、バニー萌えである。

んっふっふ
大石と赤坂



本編お疲れ様会などでは、クラウドとして、K(前原圭一)、イリー(入江京介)、トミー(富竹ジロウ)と魂の兄弟(ソウルブラザー)であることを誓い、主にエロスや萌えの方面で活躍する。


関連タグ

ひぐらしのなく頃に ひぐらしのなく頃に解
クラウド
関連人物
赤坂衛 前原圭一 入江京介 富竹ジロウ

関連コンビ・カップリング
ソウルブラザー
----

これを見たあなた、どうか続きを編集してください。それだけがわたしの望みです。

関連記事

親記事

ひぐらしのなく頃にの登場人物一覧 ひぐらしのなくころにのとうじょうじんぶついちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大石蔵人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340826

コメント