ピクシブ百科事典

Kanon

かのん

『Kanon』とは、Keyが制作・発売した恋愛アドベンチャーゲーム。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

1999年6月4日にKeyより発売された。
シナリオに「泣き」「感動」の要素を取り入れた、いわゆる「泣きゲー」と呼ばれるジャンルの先駆けとなった作品。

ストーリー

家庭の事情により北国(「雪の街」)の叔母の家に居候する事になった相沢祐一。7年前まではよく訪れていたにも関わらず、彼には当時のことが思い出せずにいた。そんな中、彼はそこで出会った5人の少女達と交流を深め、幼い頃の大切な記憶を取り戻していく。

登場人物


主題歌

オープニングテーマ
「Last regrets」
作詞・作曲 - 麻枝准(Key) / 編曲 - 高瀬一矢(I've) / 歌 - 彩菜

エンディングテーマ
「風の辿り着く場所」
作詞 - 麻枝准(Key) / 作曲 - 折戸伸治 / 編曲 - 高瀬一矢(I've) / 歌 - 彩菜

アニメ

東映アニメーション版と、京都アニメーション版がそれぞれ制作されている。

東映アニメーション版

2002年1月から3月まで全13話+DVD特典の1話が放送された。話数が13話しかないため、あゆ以外の原作ストーリーは再現できず、それぞれオリジナルの結末を迎えている。

一般的なKeyファンからの評価は低く、さらに悪名高かった頃のフジ深夜枠時代であったため、放送も2話連続(最終回は3話連続放送)なども多かった。

特にキャラデザは当時の樋上いたる絵を頑張って再現しようとした結果、「アゴアニメ」の代表的作品、という不名誉な方面に有名になってしまった。当時の視聴者からAGONと呼ばれており、現在でも定着している。
作画崩壊とも言われるが、デザインに沿っているという意味では実は崩壊しているわけでもない。

ストーリー面も合わせて酷評されることもあるが、オリジナル要素を含め高く評価する人もいる。原作ファンからは黒歴史と呼ばれタブーとなっているが、原作側のKeyはなかったことにしておらず、東映にも公式サイトが残っている。

Kanon関係のグッズ購入特典という形でオリジナルエピソードの「第14話」があったが、DVD-BOXではオミットされてしまった。後述の京アニ版の存在もあって再度商品化される可能性はありえないため、現在は中古ショップで高値を出して買うしかない。

ちなみにDVDというメディア媒体が出たばかりだったこともあり、Key作品としては唯一VHS版が出ている。

主題歌

オープニングテーマ
「florescence」
作詞 - こさかなおみ / 作曲 - 上野浩司 / 編曲 - 神津裕之 / 歌 - 藤原美穂

エンディングテーマ
「flower」
作詞 - こさかなおみ / 作曲 - 鎌田雅人 / 編曲 - 神津裕之 / 歌 - 藤原美穂

最終回挿入歌
「Last regrets」
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 高瀬一矢 / 歌 - 彩菜

最終回エンディングテーマ「風の辿り着く場所」
作詞 - 麻枝准 / 作曲 - 折戸伸治 / 編曲 - 高瀬一矢 / 歌 - 彩菜

各話リスト

話数サブタイトル
第1話雪の少女
第2話日溜まりの街
第3話たった一つの小さな記憶
第4話夜へ
第5話the fox and the grapes
第6話彼女たちの見解
第7話舞踏会
第8話少女の檻
第9話笑顔の向こう側に
第10話冬の花火
第11話約束
第12話夢の跡
第13話風の辿り着く場所
第14話風花


京都アニメーション版

2006年10月から2007年3月までBS-i(現BS-TBS)で全24話が放送された。
東映アニメーション版の失敗から、キャラクターデザインは原作のイメージを念頭に置きつつ、樋上いたるの現在の絵柄に寄ったアレンジが成された。シナリオについても原作が特に意識されており、1枚絵で表現されたシーンを再現する演出が数多く取り入れられ、主題歌・BGMも、Keyスタッフ作曲のものが使用されている。また、東映版よりも話数が多いこともあり、原作のエピソードをより多く組み込んでいる。

当然ながら東映版と比較して基本的に評価は高い。が、ドラマCDから一貫して担当し、ファンからの評価も高かった祐一役の声優を変更した事、北川の別人化、原作再現されているのは要所のみでそれ以外は改変が多分に入るなど、東映版にはなかった批判点も存在する。
本作でもあゆシナリオをメインとしていたため、扱いが難しい名雪の扱いに関しては本作でも賛否両論ある。

東映版と違い、こちらはBD-BOXまで発売されている。

主題歌

オープニングテーマ
「Last regrets」
作詞・作曲 - 麻枝准 / 編曲 - 高瀬一矢 / 歌 - 彩菜

エンディングテーマ
「風の辿り着く場所」
作詞 - 麻枝准 / 作曲 - 折戸伸治 / 編曲 - 高瀬一矢 / 歌 - 彩菜

各話リスト

話数サブタイトル
第1話白銀の序曲〜overture〜
第2話雪の中の入祭唱〜introit〜
第3話記憶のない組曲〜partita〜
第4話休日の奇想曲〜caprice〜
第5話魔物たちの小夜曲〜serenade〜
第6話謎だらけの嬉遊曲〜divertimento〜
第7話家出と仔猫の遁走曲〜fuga〜
第8話追憶の幻想曲〜fantasia〜
第9話子狐の子守歌〜berceuse〜
第10話丘の上の鎮魂歌〜requiem〜
第11話光と影の間奏曲〜intermezzo〜
第12話異形の円舞曲〜waltz〜
第13話あぶなげな三重奏〜trio〜
第14話ひびわれた協奏曲〜concerto〜
第15話かくれんぼの小奏鳴曲〜sonatine〜
第16話真夜中の聖譚曲〜oratorio〜
第17話姉と妹の無言歌〜lieder ohne worte〜
第18話消え去りゆく緩徐楽章〜adagio〜
第19話ふれあいの練習曲〜étude〜
第20話別れの夜想曲〜nocturn〜
第21話君のいない輪舞曲〜ronde〜
第22話追想の交響楽〜symphony〜
第23話茜色の終曲〜finale〜
第24話夢の果ての追復曲〜kanon〜


外部出演

key作品クロスオーバーアニメ『かぎなど』に主要メンバー全員登場。前述の東映、京アニの両方の設定を複合されており作中は京アニ時代の批判を皮肉られたシーンも存在する。
なお、声は設定上京アニ版基準だが、佐祐理役の川上女史が故人の為、本作で佐祐理及び同じ声の神尾観鈴役は真田アサミが代わりに演じている。

関連イラスト

Kanon
20周年おめでとうございます!!


奇跡の降る街
Kanon


両手には降り注ぐかけらを
Kanon


happy 20th anniversary !!
5人揃ってカノレンジャイ!!


K-on!
センシティブな作品



関連タグ

Key EFZ kanoso I've

外部リンク

公式サイト
アニメ版公式サイト・東映アニメーション
アニメ版公式サイト・京都アニメーション

他の記事言語

Kanon

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「Kanon」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「Kanon」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16941233

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました