ピクシブ百科事典

スポンジ・ボブ

すぽんじぼぶ

「スポンジ・ボブ」とは、ステファン・ヒーレンバーグの「スポンジボブ・スクエアパンツ」を原作とするアニメである。
目次[非表示]

イラスト検索の際は、キャラクター名の略称である「スポンジボブ」も参照のこと。

概要

ステファン・ヒーレンバーグの『スポンジボブ・スクエアパンツ』は、アメリカで人気を博した子供向けギャグアニメである。日本では『スポンジ・ボブ』というタイトルで、2005年から2011年にかけてNHK衛星第2テレビで、2007年から2009年にかけてNHK教育テレビ(現・NHKEテレ)でそれぞれ放送された。その後アニマックスBSフジでも放送され、2015年4月から再びNHKEテレで放送されている。また、NHK教育→Eテレと並行する形でNHKデジタル衛星ハイビジョン放送(通称BS-hi)→BSプレミアムでも放送された事がある。

映画化もされ、『スポンジ・ボブ/スクエアパンツ ザ・ムービー』として、2004年にアメリカで、2006年に日本でも公開された。

日本ではマクドナルドのCMである通称ハッキョーセットにより有名になったと思われる。

2018年11月26日に原作者のステファン・ヒーレンバーグが死去。
難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)に罹患し闘病生活を送っていることが公表されてからおよそ1年半後の訃報であり、国内外の多くのファンから哀悼のコメントが寄せられた。

ストーリー

深い海の底にある海底都市ビキニタウンで巻き起こる様々な出来事のギャグアニメである。
天才バカボン並みの狂人が一般市民にも蔓延るという、ある意味世紀末な世界観である。(例として一般住民が靴の裏に張り付いたガムを旨そうに食べる、パトリックの背中に塗り付けられたジャムを食べれずに町が暴徒で溢れかえるなど。)

登場人物

スポンジボブ・スクエアパンツ(CV:鶴博幸→松野太紀
パトリック・スター(CV:谷育子→かぬか光明)
サンディ・チークス(CV:小曽山裕子松浦チエ
ユージーン・ハロールド・カーニ(CV:奥田啓人
イカルド・テンタクルズ(CV:納谷六朗上田燿司
シェルトン・ジェームス・プランクトン(CV:小曽山裕子→松浦チエ)
ゲイリー
パフ先生(CV:谷育子→高橋里枝)
マーメイドマン(CV:奥田啓人
フジツボボーイ(CV:小曽山裕子
ラリー(CV:奥田啓人
イカリム(CV:奥田啓人
(CV:奥田啓人
ジム(CV:谷育子
シャボン君(CV:小木曽裕子
クラゲ
ケビンブラックジャック(CV:奥田啓人
ミスター・スクエアパンツ(CV:鶴博幸
ミセス・スクエアパンツ(CV:谷育子
キャプテン・ブルー(CV:納谷六朗
スタンリー(CV:奥田啓人
ミセス・カーニ(CV:小木曽裕子
スネイリー
ジャック・M・クレイジー・フィッシュ(CV:納谷六朗
ツゲグッチー・シメコロシー(CV:奥田啓人
レッジ(CV:奥田啓人
ミス・グリススルプス(CV:谷育子
ボーイズ・フー・クライ
モンティ・P・カネモチ(CV:奥田啓人
ウドン(CV:奥田啓人
ロイヤル大・帝王・サマサマ(CV:忌野清志郎
カレン・プランクトン(CV:谷育子→高橋里枝)
さまよえるオランダ人(CV:納谷六朗

主題歌

エンディングテーマ

「スポンジ・ボブのテーマ」
作詞・作曲・編曲・歌 - RIP SLYME

関連タグ

カートゥーン 海外アニメ スポンジボブ キチガイ ハッキョーセット
스폰지밥

外部リンク

NHKアニメ公式サイト
ニコロデオン公式サイト

関連記事

親記事

ニコロデオン にころでおん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スポンジ・ボブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265532

コメント