ピクシブ百科事典

ブラックデビル(オレたちひょうきん族)

ぶらっくでびる

クワックワックワッ!!見事な攻撃だ、タケちゃんマン!!

概要

1980年代フジテレビ系列超人気番組『オレたちひょうきん族』「THE TAKECHANマン」に登場したキャラクター。
タケちゃんマンの宿敵である、ブラック一色の悪魔の子。
演じたのは明石家さんまで、彼を一躍有名にした。
(正確に言うと、初代を演じたのは高田純次であるが、おたふく風邪にかかったため数回で降板し、西川のりおが演じようとしたが、頭がデカすぎて被り物が入らなかったらしい)

いつも様々な姿に変身して悪事を企むが、タケちゃんマンの誘導尋問によって「クワックワックワッ!!」と鳴いてしまい、正体がバレる。「よくぞ見破ったな、タケちゃんマン!!」のセリフと共に、黒の木綿のレオタードをまとった姿に変身。
頭の触角からは電磁波を放ち、様々な光線技を身につけているが、着ぐるみを多用した変身合戦の末に毎回敗れる。「見事な攻撃だ、タケちゃんマン!!」はお約束のセリフ。
テーマソング「好きさブラックデビル」は特撮モノのライバルソングみたいな感じ。
最期は、某テレビ局の視聴率不振を打開するために「ブラックデビル死亡」が喧伝されたことで、かの曲に乱入(ちなみにその前の週に死を宣告されていた)。そしてタケちゃんマンとの真剣な決闘シーンの末、触角を折られて死亡した。タケちゃんマンは丁重にブラックデビルを葬り、そして彼の死を悼むように黒い雪が降った……
が、ちょくちょく復活し、ひょうきん族最終回の忠臣蔵コントではトリを飾った。
ちなみに息子のブラックデビルJr.がいるが、アミダばばあの登場やホタテマン人気で3か月の短命に終わっている。
さんまが競馬のコマーシャルに出た際や、2008年の27時間テレビ、『さんタク』で木村拓哉が演じた”タクちゃんマン”との決戦など、近年でもまれに観られる。

関連タグ

ドラゴンゲート(所属レスラーの『“ハリウッド”ストーカー市川』がブラックデビルに似せた見た目で入場テーマにオレたちひょうきん族で使用された『ウィリアムテル序曲』を使用、出身地がフジテレビというあからさまに意識しているとしか思えない設定をしているレスラーがいる)

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックデビル(オレたちひょうきん族)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2997

コメント