ピクシブ百科事典

遠見千鶴

とおみちづる

アニメ「蒼穹のファフナー」シリーズの登場人物(画像左の女性)
目次[非表示]

プロフィール

生年月日2104年1月6日
年齢42歳(1期)→44歳(劇場版)→47歳(2期)
身長165㎝
体重56kg
スリーサイズB83・W60・H85
血液型A型
好きな物洋書、ジャズ


概要

CV / 俳優:篠原恵美(舞台版でも本人が出演)

本作のメインヒロインである遠見真矢遠見弓子の母親。2人の父親のミツヒロ・バートランドとは既に離婚している。
とても穏やかな物腰の女性で、2人の子供(しかも片方は既に成人)を持つ母親とはとても思えないほど若々しい容姿の持ち主。
本職は遺伝子工学博士で、アルヴィスではアルベリヒド機関の研究主任を担当している。
普段は島で唯一の診療所である遠見医院の院長をしており、こちらでも同化抑制の研究の一部を行っている。

元々は、同化された人間の遺伝子への興味から遺伝子工学博士となり、人とフェストゥムの共鳴現象を分析するプロジェクトに参加したという経歴を持ち、アルヴィスではファフナーパイロット達の身体管理も担当している。
同化現象を「積極的な進化」と捉え、研究を続けてきたが、自分の研究が子供達を戦いに駆り出す結果になってしまった事に苦悩しており、パイロットの親達に子供の身体の変化などを告げなければならないなど、辛い役回りであるが、彼女自身はそれが自分の義務であると考えている。
また、国際的には禁忌の遺伝子操作で生み出した、ファフナーパイロットとなる子供達の同化現象の治療に並々ならぬ情熱を注いでいる。
成果が芳しくなく1人で涙する時もあり、「真矢より女の子に見えた」とは現場を目撃した要咲良の評である。というか作中でも落ち込んでいるシーンや酒を飲んで酔っているシーン等でヒロインである娘の真矢より可愛いと視聴者に評される事も少なくない。
そのあまりに一途な使命感故に、その真矢からは精神的に一定の距離を置かれている。
ちなみに容姿の件については、小説版での弓子と一緒に料理を教えていた際の真壁一騎の推測によると、本人は童顔である事を気にしている模様。

元夫のミツヒロは、当時は学会で異端視されていた千鶴の研究である「遺伝子レベルでの融合研究」を認めた最初の人物。
千鶴は彼の発案によってミールの一部を人体に移植する計画に従事し、人とフェストゥムを染色体レベルで融合させ、人格の形成を妨げない「人工子宮(コアギュラ)」を設計・開発した。

医院でもアルヴィスでも私服の上に白衣を纏った、意外にもラフな服装が多い。ちなみに原付を愛用しており、ナンバープレートは「竜宮・の 3-10」。
アルヴィス司令である2歳年下真壁史彦とは互いに思慕を寄せ合う仲で、その手のことには疎い彼の息子の一騎からも史彦との仲を感付かれている程である。奇しくも娘の真矢と母娘でそれぞれ真壁親子に恋慕するという状況である。

『RIGHT OF LEFT』では、羽佐間翔子と同じ遺伝性の病気を患っていた将陵僚の主治医をしており、病弱ながら一人暮らしをしている彼を気遣っている。41歳。
ラストで流れ着いた機体から回収された、僚の最後のテープを聴いて涙していた。

劇場版『HEAVEN AND EARTH』では、コアの成長期、およびフェストゥムの襲来によって、史彦を初めとする核汚染の後遺症を患っていた者達の症状が悪化したことでその治療にあたる。
同化促進剤の投与以外に史彦の症状を止める術がないことに苦悩し、島よりも史彦の生命を思うあまりに来主操の提案を受け入れたい心情を明かした。
その後も立上芹の同化が始まった際や、島のコアを守るための作業を続けている中で、誰も救えない無力さに打ちひしがれていた。
しかし、最終的には島に帰還したミョルニアが島のコアの負担を肩代わりした事と、ボレアリオスボレのミールとの対話が成功した事で、コアが成長期を乗り越えてミールが力を取り戻し、島も住民達も救われた。
また、この時点で孫娘にあたる日野美羽が生まれており、父のいない彼女にとっては、もう1人の母のような存在になる。その為に彼女からは「ママのお母さん」と呼ばれている。

『EXODUS』では、弓子と共に孫である美羽を育てる日々を送る。美羽にはこの頃には「ちづるママ」と呼ばれるようになっている。
元夫のミツヒロが島の外で作った子供であるジョナサン・ミツヒロ・バートランドについては、「とても真剣で、使命に燃えていて、怖いくらいに若い頃のミツヒロに似ている」と印象を語っている。
作中では弓子、真矢、美羽がシュリーナガルに赴いた関係で、一人だけ竜宮島に残される形となる。
アザゼル型・ウォーカーの群れとの戦いでは、ミールの力が弱まったことにより、再び過去の後遺症の再発症に苦しむ島民達の治療に尽力する。
終盤では帰還した美羽達の検査も行っていた。

ちなみに史彦とは、2人だけの際には互いに名前で呼び合い、子供達が不在の時に自宅の食卓へ招くなど、関係が大分進展している。
また、真矢の紛らわしい発言が原因で、羽佐間カノンから彼女が史彦と子供を作ったと勘違いされるなど、史彦との仲はもはや子供達の間では公認になっている。

『THE BEYOND』では『EXODUS』に引き続き、いなくなった弓子の代わりに真矢とともに美羽と暮らし、しっかり孫を育てている。長かった髪をショートにしており、見た目がますます若くなった。(どうやら竜宮島だけでなく海神島のミールも未だに「老化」について正しく学習していない模様(笑))。
史彦との関係もさらに進展し、もはや(史彦が)通い婚しているのも同然の関係となっている。
第六話ではそんな彼女らに(二人の不器用っぷりにやきもきしながらも見守り続けた)古参の視聴者の涙腺を崩壊させる事態が訪れる・・・。

関連タグ

蒼穹のファフナー 女医
遠見真矢 遠見弓子 ミツヒロ・バートランド 真壁史彦 皆城乙姫 日野道生 日野美羽

関連記事

親記事

蒼穹のファフナー そうきゅうのふぁふなー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「遠見千鶴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91850

コメント