ピクシブ百科事典

ミョルニア

みょるにあ

アニメ『蒼穹のファフナー』シリーズの登場人物(画像左)
目次[非表示]

概要

CV:豊口めぐみ

北極ミールに属するマスター型フェストゥム。名前は便宜上のもので、劇中では呼ばれない。
過去に同化した真壁紅音の姿で人類軍モルドヴァ基地に潜入し、職員として振る舞っている。紅音の知人でフェストゥムとの共存派である日野洋治に、人類を学習したいという意を汲まれ、正体を知られた上で匿われていた。

1期

用済みとなった基地がフェストゥムの襲撃を受ける中、洋治から彼の開発したファフナーザルヴァートル・モデルマークザイン」を、基地に囚われている紅音の息子・真壁一騎に届けてくれと頼まれる。この時、敵中に孤立する洋治の命を案じるかのような素振りを見せ、一騎と共に運ばれた瀬戸内海ミール(ザインに移植されたマークエルフのコア)の影響かと喜ばれた。
しかし彼女は「我々」から「私」に分岐しつつある自分の存在が北極ミールに許容されないと察しており、事実同胞のイドゥンに追い詰められていた一騎をザインで助けた後、彼の前でイドゥンに喰われてしまう。

ところが彼女という分岐は遂にミールと拮抗し、再び存在を得て絶望に飲まれかけていた竜宮島へ向かった。紅音の名でアルヴィス司令にして彼女の夫である真壁史彦を呼び出し、北極に囚われている自身のコアの救出を依頼する。会話の中で、かつて史彦を庇った紅音が自ら同化を望んだと告げて、激した彼に銃を向けられるが、次いで紅音がフェストゥムを理解した最初の人類であり、彼女の意思が今なおフェストゥムに響き続けていると明かす。
見返りにパイロットの命を救う膨大なデータの一部を提供し、あくまで島のためにと強調した上で請け負った史彦から、紅音と名乗った理由を尋ねられる。その問いに「お前に伝えたかったからだ。ありがとう、史彦。一騎を育ててくれて」と答え、フェストゥムとしての真紅の肢体に戻り、島の防衛に就いた。

劇場版

空母ボレアリオスのミールに囚われていたが、第2次蒼穹作戦中に脱出し、再度竜宮島へ向かう。成長期と敵襲が重なり不安定な状態だった島の幼い2代目コアを母親のように包み込み、彼女を守り島へ還っていった。
クレジットでは、「真壁紅音」と表記されている。

関連タグ

蒼穹のファフナー フェストゥム マークザイン
真壁紅音 真壁一騎 真壁史彦 イドゥン 皆城織姫

pixivに投稿された作品 pixivで「ミョルニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1123

コメント