ピクシブ百科事典

日野美羽

ひのみわ

アニメ「蒼穹のファフナー」に登場するキャラクター(画像左)。
目次[非表示]

概要

CV:諸星すみれ

2147年4月1日生まれのO型。日野道生日野弓子の娘。父は生まれる前に戦死し、母と2人暮らし。
祖父は2ともファフナーザルヴァートル・モデルの開発者だが、母方の祖父が造ったマークニヒトによって彼と父の命を奪われている。
竜宮島では初めてとなる自然受胎、しかもフェストゥム因子を宿した両親から生まれた子供。成長が早いだけでなく、フェストゥムやミールと「おはなし」ができる類稀な存在で、生まれながらに島のミールと繋がっており、フェストゥムへの恐怖心を持たない。しかし、それ故に幼い頃から平穏な生活を続けられず、母の弓子を不安がらせている。

祖母遠見千鶴を劇場版では「ママのおかあさん」、2期では「千鶴ママ」と呼んでいる。総監督曰く、美羽としては、自分には2人のママがいるという認識らしい。

劇場版

島を襲った空母ボレアリオスのミールと対話し、島の危機を救う。直後に人類軍の核攻撃が迫り、ミールに同化されかけるが、フェストゥムの来主操たちによって守られる。

EXODUS

4歳。かねてから交信していた、エスペラントと呼ばれる同じ能力者の少女エメリー・アーモンドにインドのシュリーナガルへと導かれ、地球に迫るミール・アルタイルとの接触に成功する。ところが美羽がまだ小さいために対話には至らず、自分がもっと大きければという美羽の思いを汲んだシュリーナガルミール・世界樹アショーカに、心は幼いままエメリーとあまり変わらない大きさにまで成長させられる。
アルタイルの到来に備えるべくシュリーナガルの2万人以上の難民を連れて旅立ち、他のエスペラントたちと共に敵意のないフェストゥムとの対話を担うが、旅が進むにつれフェストゥムばかりでなく人の憎悪にも当てられ、母とエメリーの存在によって心を保っていた。道中、姿を隠していた以前とは別個体の操と「(世界中の)誰も悲しくて痛くなくなったら美羽を食べて(=同化して)いいよ」という契約を独断で交わし、彼のミールの助力を得て島に帰還する。

移送先の海神島にアショーカを根付かせていた時、エメリーに彼女がミールの加護によって生き長らえていたと知らされ、更に母親もシュリーナガルでフェストゥムの犠牲になっていたことを思い出す。アショーカへ還る2人に別れを告げられ、美羽のもとには父が母に贈った指輪とエメリーの亡き弟の靴、還った命から生まれたアショーカのコアが遺された。美羽は涙を流しながらも、「美羽もうれしいよ。生まれたこと」と赤ん坊のコアを祝福した。
別れを悲しむ間もなく、世界の当面の危機を回避するため、竜宮島のコア・皆城織姫とアルタイルの交信の仲立ちをする。その後、戦いから戻った叔母の遠見真矢に弓子の死を知らせると、彼女を抱きしめ、自分たちを守り続けてくれたことへの感謝を伝えた。

公式の後日談かは不明だが、総監督のツイートで、ある人物に対して怒るという本編では見られない姿が描かれた。

関連イラスト

特別幼女枠
おはなししよう



関連タグ

蒼穹のファフナー
日野弓子 日野道生 遠見千鶴 ミツヒロ・バートランド 遠見真矢 来主操 エメリー・アーモンド

pixivに投稿された作品 pixivで「日野美羽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 67805

コメント