ピクシブ百科事典

西尾里奈

にしおりな

アニメ『蒼穹のファフナー』の登場人物でファフナーパイロット(画像左)。
目次[非表示]

CV:白石涼子

人物

西暦2132年4月20日生のB型。
真壁一騎たちの後輩(1歳下)パイロット。搭乗機体はファフナーノートゥング・モデルマークノイン」、エーギル・モデル「ゼロファフナー」。

家族構成

祖母:西尾行美(西尾商店の店主) 
弟(双子):西尾暉(同世代パイロット)
両親はファフナー開発者であったが、ゼロファフナーの開発実験中に双子の目の前で同化され死亡。
事件の影響により暉は失声症となっている。

各作品における概要と主な活躍

TV1期(『蒼穹のファフナー Dead Aggressor』)

竜宮島中学校に通う14歳のおさげの少女。
堂馬広登立上芹とは同級生で友人。
明るい性格で先輩である遠見真矢に憧れを抱くが、戦死した羽佐間翔子の噂を安易に口にし、真矢から辛辣な態度をとられることもあった。
アルヴィスでオペレーターを務めており、先輩パイロットらの戦死に伴い、予備パイロットに抜擢されるが一騎らの奮闘と蒼穹作戦の成功により出撃することは無かった。
芹らと共に竜宮島のコアである皆城乙姫と友人となりその最後を看取った。

劇場版(『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』)

竜宮島中学校に通う16歳。生徒会書記を務める。
フェストゥムの再襲来に伴いマークノインのパイロットに正式採用、将来への不安や一向に改善しない暉の失声症に苛立ち、暉に強く当たる面も見せた。また、ファフナーに搭乗することで失声症を克服したが自ら戦いに向かおうとする暉にたいする不安から再び苛立ちを積もらせる。
訓練時は1期の時の印象もあり教官でありヤラレ役である近藤剣司を軽んじていたが、島へのフェストゥムの本格侵攻時に搭乗機を撃破されて脱出装置ごとフェストゥムに破壊されそうなところを間一髪、剣司に救われることとなる。
第2次蒼穹作戦時、暉と和解し、共に両親の形見であるゼロファフナーに搭乗、敵ミールの島への進攻阻止に尽力した。

TV2期(『蒼穹のファフナー EXODUS』)

19歳。髪型がボブカットになった。
普段は西尾商店の店番を行っているが、引き続きマークノインのパイロットを務めている。
本人には自覚が無いが島の男子のアイドル的存在になっており、後輩の鏑木彗からは亡くなった姉に似ているという理由で好意を寄せられている。
劇場版で助けられたためか、近藤剣司に恋愛感情を抱いている様な面もあるが要咲良の存在もあり、表には出してはいないようである。

第7話「新次元戦闘」において通常兵器が一切効かないフェストゥムによって窮地に立つが、新現象「増幅(アクセル)」が発動、一騎と同じく手に持った兵器の出力を大幅に上げ、フェストゥムを粉砕した。
しかし、副作用として突発的な眠りに襲われることとなり、戦闘以外の大半の時間を眠って過ごすこととなる。ただの睡眠ではないらしく、羽佐間カノンの未来干渉や亡き広登(の姿を借りた島のミール?)からの助言を祖母に伝えた。
剣司と咲良の結婚にショックを受けるも、人前ではそれを悟られないよう明るく振る舞っている(が、彗のみ違和感を覚えた節がある)。

島に帰ってきた暉を迎え、再び2人でゼロファフナーに搭乗するが、戦闘中に意識を失ってしまう。悲しい夢から目を覚ますと、既に暉は全ての負担を引き受けて戦い抜き、同化現象で砕け散っていた。
暉の死を知らされた里奈は、彼が旅の間に貰ったお守りを受け取り、新たなゼロファフナーのパートナーである彗と共に第4次蒼穹作戦に臨む。アザゼル型ベイグラントからの同化攻撃に苦しめられるも予想外の援護もあって、衛星軌道上のベイグラントを地上に落下させることに成功した。
広登と暉の戦死に加え、芹が竜宮島に封印されたため、同世代パイロットは里奈だけが地上に留まった。

関連タグ

蒼穹のファフナー エーギル・モデル
西尾暉 立上芹 皆城乙姫 遠見真矢 近藤剣司 鏑木彗 彗里奈

pixivに投稿された作品 pixivで「西尾里奈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 237318

コメント