ピクシブ百科事典

堂馬広登

どうまひろと

アニメ『蒼穹のファフナー』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:佐々木望

2132年12月15日生まれのO型。立上芹西尾里奈西尾暉と同じ中学2年生。家は「堂馬食堂」で父親の堂馬量平と姉の堂馬舞がいる。
東京に出てアイドルになることを夢見ていたが、教師に一蹴されて反発し、放送室立てこもり事件を起こす。近藤剣司遠見弓子がナンパや黒歴史を暴露される流れ弾を食らったものの、最終的には説得を受け入れて素直に謝罪した。この事件の直後、竜宮島のTV番組で歌手デビューを果たす。

劇場版

16歳。かつて先輩の小楯衛から受け継いだ漫画『機動侍ゴウバイン』のヘルメットを被り、ファフナーノートゥング・モデル「マークフュンフ」のパイロットとなる。最初は衛への憧れが高じて独断専行に陥っていたが、戦いを通じて仲間同士で守り合うことやフェストゥムの悲しみを知った。

2期

18歳。パイロットの傍ら広報部に勤務し、アイドル活動のみならず島のジャーナリズムを担っている。淡い思いを寄せる芹が、研究に夢中で昔より他人と距離を置いていることを案じており、文句を言われながらも自身の番組に付き合わせている。
彼に憧れている後輩の水鏡美三香にゴウバインヘルメットを譲り、島と外界の架け橋になるべくインド派遣部隊に志願。この時、芹に「お前と(2代目)皆城乙姫が喜ぶような希望を持って帰る」と約束した。
世界の悲惨な実情を目の当たりにして「俺が知ってる平和を世界に広めたい」という思いを新たにし、失意の暉を励ましている。
エスペラントの存在や、劇場版での経験を通じて「いつかはフェストゥムとも分かり合える」という希望を抱き、その希望を守るために厳しい戦いにも身を投じていた。その思いや希望は、インドに着いて以降のシュリーナガルエリアでの戦闘、そしてシュリーナガルからダッカまでの過酷な行軍の中で、行動を共にした人々と一つになったことからますます強くなっていく。














しかし、フェストゥムの群れとの戦闘中に現れた、交戦規定アルファ発令下の人類軍アルゴス小隊隊長のダスティン・モーガンにより、マークフュンフのコクピット部ごと撃ち抜かれてしまった。遺体の残っていた部分は機体ごと人類軍に持ち去られている。
その後、マークフュンフのコアは第3のザルヴァートル・モデルマークレゾン」に使われたことが判明した。23話にて遠見真矢とともに奪還することに成功、遺体の一部のみだが島に”還ってくる”ことができた。

余談

佐々木氏は広登が撃たれた14話の収録後も、彼の死に気付いていなかったとのこと。
また、広登がTVで披露している歌は1期・2期ともに「愛!」というフレーズだけが聞けたが、2期Blu-ray&DVD第8巻の特典として収録された。更に、2期で度々流れた広登(と芹)の番組も音声はないが第12巻に収録されている。

関連タグ

蒼穹のファフナー 立上芹 小楯衛(初代ゴウバイン) 水鏡美三香(三代目ゴウバイン) 西尾暉
解体のアイドル マークレゾン アルゴス小隊

pixivに投稿された作品 pixivで「堂馬広登」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69532

コメント