ピクシブ百科事典

近藤剣司

こんどうけんじ

アニメ「蒼穹のファフナー」のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:白石稔

2131年12月7日生まれのB型で14歳の中学3年生。竜宮島では稀な母胎から生まれた子供。ノリの軽いお調子者で母親によくバカ息子と呼ばれている。真壁一騎が島を離れた後、ファフナーノートゥング・モデル「マークアハト」の搭乗者となり、搭乗時は変性意識で普段と打って変わり非常に憶病な性格となる。
訓練しか経験していなかった頃からフェストゥムを倒したと吹かして後輩をナンパしていたが、成功は皆無で、(他に立候補者がいなかったので)生徒会長をしているものの、人望の有無以前に皆から皆城総士が会長だと思われていた。

要咲良に好意を寄せており、武道の達人であり「弱い男に興味はない」という彼女を振り向かせる為に身体能力がずば抜けて(小説版では唯一咲良に勝って)いる一騎に度々決闘を申し込み、図らずも彼が孤立するのを防ぐ一人となっていた。
天才症候群の影響として直感的解答力に優れる(勘が良い)が、回答を導く過程を本人もわからないため、周囲からは評価されない。

友人や肉親の死など数々の苦難を乗り越え、劇中最も成長した人物の一人。
一騎の陰に隠れているがファフナーパイロットとしては優れた能力を持ち、フェストゥム撃墜数も同期の中では高い。「皆で生きて帰る」と言う執念の元、最終決戦では単独でマークニヒトに善戦、深手を負わせた。

映画版

16歳。妻子を失い自暴自棄気味な小楯衛の父親や、意識を取り戻したが後遺症が残る恋人の咲良の世話をしている。後輩たちの指導を始めた当初は、普段の剣司しか知らない上にやられ役を演じた事で彼らに軽く見られがちだったが、実戦ではリーダー性を発揮して仲間の窮地を救い、見直された。

EXODUS

19歳。ファフナーパイロットを引退し、普段は竜宮島学園中等部の保健医をしつつ医学の道を目指し勉強中で、パイロットたちや一騎の身体のケアも行っている。
出立する総士の後を継いでジークフリード・システムに搭乗し、新たな後輩を含めたパイロットたちの指揮官を務める。咲良もまたパイロットとして戦線に復帰する事になり、彼女がSDP(超次元現象)の新同化現象で苦しむ姿を見た時はやや取り乱していた。

敵の襲撃で大人たちを保護していた島の環境が崩れ、咲良の母も危険な状態に陥ったため、咲良に結婚を申し込み、速やかに式を挙げた。そして、パイロットの欠員を埋めるべく自身も再び前線に立った。
第三次蒼穹作戦時にSDP『薬』を発現。誰一人仲間を失わせないという想いからマークアハトまたはトルーパー・モデルで触れた仲間や機体のダメージを修復及び同化現象を肩代わりするというもの。しかし同化現象として25話で感覚の消失(熱さや寒さ、痛みなどが感じられなくなる)に陥っていることが判明。

第四次蒼穹作戦を戦い抜くも故郷は海の底へと眠りに就き、生き残ったパイロットたちに「必ず帰るぞ。俺たちの島へ」と固い決意を示した。
余談だが、剣司は4度行われた蒼穹作戦全てに参加し、生存したパイロットである。

関連タグ

蒼穹のファフナー 要咲良 小楯衛 剣咲

pixivに投稿された作品 pixivで「近藤剣司」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105598

コメント