ピクシブ百科事典

小楯保

こだてたもつ

アニメ『蒼穹のファフナー』のキャラクター。

概要

CV:高瀬右光

10月5日生まれ。小楯衛父親小楯千沙都の夫。アルヴィスのチーフメカニック
普段は銭湯竜宮城」を経営している。
息子のために文化を残そうと、大粒あんこという名前で「起動侍ゴウバイン」という漫画を描いている。元々は竜宮島のアーカイブに保管されている他人(本物の大粒あんこ)の描いた漫画だったが、途中から独自の展開を執筆し始めた。

衛が戦死したあとに、自身の整備したファフナーが息子を守れなかったことに打ちのめされ仕事場にも顔を見せなくなるが、彼をおやっさんと慕う部下たちからは必ず立ち直ると信頼されていた。しかし、すべきことを果たしてから泣こうと仕事を続けていた千沙都まで敵から子供たちを逃がして帰らぬ人となり、自暴自棄になってフェストゥムへの報復を唱えたところ、西尾行美から「子供たちは復讐の道具じゃないよ」と諭される。

ファフナーの修復を終えてからはにおぼれ、息子の親友である近藤剣司に面倒を見られていたが、新たな危機に際して再び立ち上がった。
2期ではアシスタントのイアン・カンプと第2部「真・起動侍ゴウバイン」を連載している。

関連タグ

蒼穹のファフナー メカニック 漫画家
小楯衛 小楯千沙都 近藤剣司 イアン・カンプ

pixivに投稿された作品 pixivで「小楯保」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 144

コメント