2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ガモウひろし

がもうひろし

日本の漫画家。漫画原作者。および『幕張』の主人公。実は最初は漫画家ユニットネームだった!!
目次[非表示]

1962年8月17日生まれ。本名は土田哲也
埼玉県越谷市出身・在住(出生は東京都)の漫画家
二児の父。長男は土田直王輝(1991年~)。次男は土田丈徹(1994年~)。
次男・丈徹は花咲徳栄高校レスリング部に所属していたことがある。

代表作は『とっても!ラッキーマン』。

ヒーローを主人公にしたギャグ漫画が多い。

最初はユニット名だった

第21回赤塚賞で『根暗仮面』で佳作受賞。その当時は土田哲也と貝田克衛の漫画家ユニットだった。貝田克衛は埼玉県川口市出身で土田(22)より一つ年下(21)だった。
現在は土田哲也一人での活動となっている。

漫画家として

画力はあまり高くはなく....というかはっきり言ってプロ漫画家の水準ではなく、ラッキーマン連載時には「ジャンプで一番絵が下手」とまで評された。作中でも登場キャラが「作者より上手い投稿をしてどうする」「私だってガモウのへたくそなんぞに描かれたくはなかった」などと自虐している。

しかしガモウは「絵はうまいにこしたことはないが、漫画に大切なのはです」と語っており、その言葉通り、全188話もの長期に渡り決して手を抜かず連載を続けている。

クダラナいギャグや駄洒落も多いが、結構頭を使う展開も多く、(絵の表現力が乏しいことも相まって)終盤では台詞が多めになることも多々あった。

大場つぐみとの関係

岡田斗司夫が「大場つぐみの正体はガモウひろしなんですよ!」とリークするまでもなく、作風や画風からも『デスノート』や『バクマン。』の原作者大場つぐみと同一人物ではないかと広く噂されている。
集英社サイドでは、この件に関しては否定も肯定もしていない。

『幕張』の主人公として

木多康昭の作品でたびたびネタにされ、『幕張』では主人公ということにされている。

主な作品


関連イラスト

バックーマン01P
ピクシブたん

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガモウひろし」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81232

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました