ピクシブ百科事典

ロイミュード(コブラ型)

こぶらがた

「仮面ライダードライブ」に登場する怪人の1種。
目次[非表示]

概要

下級ロイミュードの1種。名前の通りコブラがモチーフで頭部にはフード、口元が毒牙を模した牙、足には鱗がある。
バット型スパイダー型とは違い特殊な攻撃や個体別の能力を持たないことが多いが、純粋な攻撃力に優れており、進化後のロイミュードもシンプルな攻撃能力に優れた個体へ進化することが多い。コブラバイラルコアを過剰に取り込む事で長い胴体と尾を生やしたコブラバイラルコアを模した巨大化形態に変化でき、巨体で敵を締め上げ口から火炎弾を発射して攻撃する。個体数はロイミュード三種類の中で最も少ない。

各個体

演:堀内正美
第1話冒頭より登場。Type zeroでのグローバルフリーズの決起集会では002(後のハート・ロイミュード)の演説をただ一人椅子に座り脚を組みながら聞いているなどやや態度の大きい面を見せていた。その後002003と共にグローバルフリーズが起きた際に先陣をきって暴れていた。
第10話にて、002003と共に、ロイミュードの生みの親である蛮野博士とスタインベルト博士の両名を殺害していたことが判明する。
グローバルフリーズ以降の行方は不明だったが、第25話にて再登場し、ドライブに倒された007を救出した。
人間態参議院議員・国家防衛局長官の真影壮一であり、表で仁良課長、裏でブレンと繋がっている。

演:松浦新
第1話冒頭に登場。001同様街で暴れていたがファンキースパイクに撃破され、数字の姿になり012066とともに逃亡した。その後メディックにより回復させられた事が第41話の回想で明らかとなっている。
回復後は海外で活動していたようだが、ハートに召集され部下とともに日本に帰国する。白いスーツを着たマフィアを思わせる人間態を持つ。ロイミュードにならなくとも仮面ライダーを圧倒できるほどの高い格闘能力を持つ。既に進化態になっているようだが進化態としての名は明かさず、「006(ゼロゼロロク)」を名乗っている。
第41話で、蛮野を破壊して超進化を遂げるため進化態の姿になろうとするも、蛮野にコアを破壊され死亡。抜け殻になったボディ(胸部のナンバーが空白になっている)は蛮野がゴルドドライブに変身するためのボディとして利用されてしまった。

  • 009
演:馬場ふみか
Type zeroで初登場。グローバルフリーズの決起集会に参加していた。グローバルフリーズ勃発後、プロトドライブの活躍により自身も負傷するが、瀕死の重傷を負っている羽鳥美鈴に共鳴し、彼女をコピー。その結果、相手を治癒する能力に目覚め、ネットワークから復活後メディック・ロイミュードとして覚醒。同胞の多くを回復させた。しかし、プロトドライブとの再戦時に撃破され、仮死状態となり第11話まで機能停止に陥っていた。

  • 034
Type zeroで初登場。002バット型の個体(おそらく003)と共にプロトドライブに遭遇する。
その後、本編第21話でも「死神軍団」の1体として登場。094と同様大鎌「ヘルサイス」で武装している。最後はデッドヒートマッハと交戦し、054と共に撃破された。

  • 014
MOVIE大戦フルスロットル」に登場。魔進チェイサーと共に不穏因子であるサイバロイドZZZボディを持つゾルーク東条仮面ライダールパンを襲撃するが、逆に彼に吸収され消滅。その後、彼のデータを元にしたコピーが大量に生産される事になる。

  • 029
演:横山真史、麻亜里
第1,2話に登場。益田信夫という男性に化け(と言ってもあくまで下記の通り様々な人間のパーツを元に人間態を作っている為、益田と同じなのは顔だけである)次々に殺人未遂事件を引き起こす。首の周りの色は赤。胸のプレートから巨大な光球を発射する攻撃手段の他、捕えた相手の皮膚を赤く染めて行動不能にさせる能力を持つ。
進ノ介ドライブに変身して初めて戦闘したロイミュードの1人で、第1話でタイプスピードと戦闘になり、必殺技を受け倒されるも数字の姿でハートの元まで逃げ帰った。
その後新しいバイラルコアで体を手に入れる。この時は澤井伊代という女性の姿にも変化した(声は男性のまま)。
実は殺人未遂事件だと思われていたのは彼が自分の体を強化するために良いパーツを持つ人間をさらっていった誘拐事件で、倒れていた人間は病気を持っていたため選ばれなかった人間だった。
その後第2話にてアイアン・ロイミュードに進化する。
ゲームバトライド・ウォー創生にもTV版第1話の再現として登場(ただし、進化態のアイアン・ロイミュードは未登場)し、その後は戦闘員キャラクターとして大量に出現する。

  • 023
すでにクラッシュ・ロイミュード(演:HIRO安田大サーカス))へと進化を果たしており、下級ロイミュードとしては登場しなかった。

  • 074
「気持ち悪くない!地声!」
強盗(演:クロちゃん(安田大サーカス))
第5,6話に登場。クラッシュ・ロイミュードの配下…と言うより舎弟的存在であり、060とともに輸送車襲撃事件を起こしていた。首の周りの色は黄色。やけに甲高い声が特徴で、進ノ介からも「なんだお前のその声?! 気持ち悪いな!」と突っ込まれていた。
第6話ではバイラルコアを3個食べて大蛇の形態となったが、トライドロンタイプワイルドに身体を潰され、ランブルスマッシャーで頭部を貫かれ敗れた。第41話の回想ではコアの姿でのみだがメディックに回復させられる姿が確認できる。

  • 037
演:新田健太スーツアクター兼任)
第9話に登場。024(後のボルト・ロイミュード)の配下であり、103と共に彼の悪事に加担していた。首の周りの色は銀色。人間態の姿でも両目と胸部を光らせて重加速を発生させる事が出来る。
最後はタイプワイルドの攻撃で撃破された。
オリジナルの人間は殺害されずに生存していたようだが、第21話でメディックの企てた連続殺人事件に巻き込まれ殺害された。しかしその正体はメディックが作った模造品(他の被害者4人も同様)であり、第22話で全員が蘇生し特状課を襲撃するが、最期は本願寺課長が咄嗟に投げつけたシフトワイルドで身体を貫かれ炎上、灰化して崩れ去った。他の1人は逃走する途中をが投げたシグナルマッハで倒され、残りの3人も霧子を人質として連れ去る目的を果たした事でチェイスにより全員始末された。

  • 085
スタッフ(演:村井亮、スーツアクター兼任)
第16話より登場。046と共にボイス・ロイミュードの配下として活動する。ボイス・ロイミュードの戦いに加勢するが、タイプデッドヒートに圧倒され、046と共に撃破された。

  • 065
声:田久保修平
第19話に登場。首の周りの色は青。追田警部補の恩師である橘真伍の感情を読み取りジャッジ・ロイミュードへ進化した。

  • 094
第20話に登場。チェイスに代わってメディックにより新たな死神に任命された「死神軍団」の1体。進化途中の下級ロイミュードだがケープを羽織り、頭を檻のような兜で隠している。武器として「ヘルサイス」と呼ばれる大鎌を振るう。下級ロイミュードながら仮面ライダーに奮戦するも怒りに燃えるドライブタイプデッドヒートの猛攻を受け、最後はメディックの盾にされ044と共に爆散した。

  • 057
進ノ介「おい!俺を持ったまま殴るな!」
春休み合体SP」に登場。089の配下的存在。016と共にドライブと交戦し、ブルブル撃破後に十六夜九衛門の「肥大蕃息の術」でそのままの姿のまま016と共に巨大化させられる。ドライブを掴んで人質に取りシュリケンジンを追い詰めるが、分離したシノビマルの「手裏剣忍法・擽り攻め」という忍法でも何でもない攻撃でドライブを放り投げてしまい、最後は合体したシュリケンジンUFOに016諸共撃破された。

  • 082
第27話に登場。シーカー・ロイミュードの配下として活動する。078と共にマッハと交戦するが、剛の助太刀に入った仮面ライダーチェイサーに撃破された。

  • 067
「オープン!」
声:河田吉正
第29話より登場。首の周りの色は黄色。作中では常にネオバイラルコアに意識を内包していた為、撃破前に分離させられた時しか下級ロイミュードとしての姿を見せなかった。銀行強盗の根岸逸郎と共謀して、融合進化態オープン・ロイミュードに融合進化している。

  • 038
第36話に登場。ブレンの配下として039040と共に機動隊員に化けていた。何故か怪人態のままでブレンと他の2名と共に特状課の実況を興味津々に眺めていた。最後はライダー達と交戦し、チェイサーによって039、040もろとも撃破された。

  • 049
警視庁幹部(演:猪爪尚紀)
第35-36話に登場。038同様ブレンの配下として047048と共に記者会見に参加する警察関係者に化けていた。最後はライダー達と交戦し、マッハによって047、048もろとも撃破された。

  • 086
第37話に登場。作中では第36話と第37話の間に発火事件を起こし、既に倒された事が語られている。

  • 031
第37話に登場。086同様に発火事件を起こした後、倒された事が語られている。

  • 062
演:岡田和也
第37話に登場。006の配下的存在で036と共に日本に帰国する。人間態の姿でも腕だけをロイミュードのものにして銃撃を行うことが出来る。通常の下級ロイミュードだが036と連携してチェイサーを翻弄するほどの高い戦闘力を持つ。
第39話にて新たに098も加えてマッハ、チェイサーと再戦するが、チェイサーに他の2体とまとめて撃破された。

  • 090
第37話に登場。メディックの配下で何者かと融合し、融合進化体のクック・ロイミュードに融合進化している。

  • 041
第37話に登場。「死神軍団」の1体。上記の個体とは異なり鉤爪で武装している。メディックによって超進化のための実験台にされ、ドライブとまとめて始末されかけるがハートによって救われる。
その後回復し、045と共にライダーたちと戦うが、マッハとチェイサーの連携により撃破された。

  • 052
第41話に登場。006の配下的存在。他のロイミュード達と蛮野を襲撃するが、返り討ちに遭い他のロイミュードとまとめて撃破された。

  • 063
第41話に登場。052と同じ006の配下的存在。他のロイミュード達と蛮野を襲撃するが、返り討ちに遭い他のロイミュードとまとめて撃破された。

声:高橋研二
本編未登場。詳細は不明だが第43話のロイミュード撲滅表にて既に倒されているのが確認できる。
そしてその詳細が超バトルDVD『type Lupin ~ルパン、最後の挑戦状~』にて明かされる。

  • 013
第43話に登場。「死神軍団」の1体。武装は特にしていない。
ブレンの居場所を突き止め、蛮野に報告するも、報告が遅いという理由で彼から折檻を受けた。
メディックの命令でブレンを確保しようと、022080と共に彼を襲撃するがドライブ達と戦い他の2人とまとめて撃破された。

  • 021
第44話に登場。「死神軍団」の1体。武装は大鎌「ヘルサイス」。偽りの約束の地に集まるロイミュードであったがライダーたちと交戦し、最後はチェイサーにより032083と共に撃破された。

  • 073
第44話に登場。偽りの約束の地に集まるロイミュードであったがライダーたちと交戦し、最後はマッハにより097107と共に撃破された。
ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』にも登場。こちらでは本編では見せなかった白装束の男性に化けている。エンジェルに賛同するロイミュードの1人であったが、他の賛同者と共にエンジェルによってコアを取り込まれてしまうもチェイサーの活躍でコアを解放された。

  • 070
第45話に登場。蛮野の配下となった「死神軍団」の1体。武装は特になし。蛮野と他の死神達と共に真の約束の地である特防センタービルを占拠する。
特防センタービルにてゴルドドライブ019059と共にライダーたちと交戦するが、チェイサーによって他の死神2体と共に撃破された。

  • 105
第45話に登場。コブラ型のロイミュードの中では序列最下位に当たる。蛮野の配下となった「死神軍団」の1体。武装は特になし。蛮野と他の死神達と共に真の約束の地である特防センタービルを占拠する。081101と共にビル上階の護衛を担当する。
ドライブハート・ロイミュードメディック・ロイミュードと交戦するが、最後はハートによって撃破された。コアはメディックが治療しようとするが、蛮野によってプログラムが書き換えられていた為に叶わず爆発した。

  • 075
第45話に登場。蛮野の配下となった「死神軍団」の1体。武装は特になし。015035と共にドライブピットを襲撃し、これの破壊に成功する。
その後、ライダー達と交戦するが、ライダーの連携攻撃を受け、最後にトリプルライダーキックを喰らい他の2名と共に爆散した。
ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー』にも登場。こちらでは本編では見せなかった白装束の男性に化けている。エンジェルに賛同するロイミュードの1人であったが、他の賛同者と共にエンジェルによってコアを取り込まれてしまうもチェイサーの活躍でコアを解放された。

  • 055
作中では第43話時点で既に倒されていたが、彼のみロイミュード撲滅表が映し出される際に映像が隠れてしまっており、第46話で明確に映し出さたことでようやく全容が明らかとなった。
その後、最終話に回想と言う形で登場。012と共に犯罪組織「ネオシェード」と共謀していた。そしてアジトを突き止めたライダー達と交戦するがマッハとチェイサーの連携により撃破された。

関連記事

仮面ライダードライブ ロイミュード
下級ロイミュード ロイミュード(スパイダー型) ロイミュード(バット型)

コブラ男-モデルと思われるショッカー怪人

pixivに投稿された作品 pixivで「ロイミュード(コブラ型)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5922

コメント