ピクシブ百科事典

オープン・ロイミュード

おーぷんろいみゅーど

オープン・ロイミュードとは、『仮面ライダードライブ』に登場するロイミュードの一体であり、融合進化態ロイミュードの一体である。※メインイラスト右上の赤い姿をした怪人。
目次[非表示]

概要

演:福井博章(根岸逸郎)/河田吉正(067、声のみ)
コブラ型ロイミュード067が銀行強盗犯の根岸逸郎と融合し誕生した融合進化態の1体。第29話と30話に登場。

「オープン」の名の通り、特殊な鍵「コモンマスターキー」でありとあらゆるものを解錠する能力を持つ。その能力は仮面ライダーの装備にも適応可能で、ジャスティスハンターの『ジャスティスゲージ』を分解して脱出したりドア銃のドアを開けて銃撃を阻止したりとドライブを翻弄した。
また、開錠した扉等に勢いを持たせたりと非常に応用が効き、実際に周囲の自動車のドアや建物の扉を勢いよく開けて相手にぶつけたり、戦場となった工場の様々な機械のロックを解除して物を落としたり水を掛けたりと言った能力を応用した多彩な攻撃でドライブとチェイサーを苦しめた。
加えて第30話では更なる能力の応用として、錠前の付いた鎖をチェイサーの体に巻きつけて動きを封じた(本人曰く「オープンの逆」)。
ちなみに、光弾を使用しての遠距離攻撃も可能。

劇中ではその能力を活かして銀行強盗殺人事件を起こしていた。
しかし本当の目的は、ブレンの指示で、12年前の泊英介殉職に関わる事件の当事者(当時の銀行強盗事件に関わった当時の銀行員やかつての根岸の共犯である丸谷慎吾etc)全員を抹殺する事だった。第29話後半では遂にカモフラージュである銀行強盗を止め対象者を直接襲撃するようになる。

第30話では12年前の事件に居合わせた女子高生の唐沢ゆかりを狙うも、父親の事件の真相を暴く為では無く、警察と仮面ライダーの使命を再認識し市民を守る為に戦ったドライブに圧倒され、最後はチェイサーの必殺技で根岸と067に分離させられた所をドライブタイプフォーミュラの必殺技を受けて067は爆散、根岸は警察に逮捕された。

余談

スーツは、スクーパー・ロイミュードのスーツを改造した物。
また、モチーフは金庫を破ることのできる能力から『ロボット刑事』のナナツマンかと思われる

関連リンク

融合進化態 ロイミュード(コブラ型) 泊英介

pixivに投稿された作品 pixivで「オープン・ロイミュード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6200

コメント