ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

多賀「けっ、ムカつくぜぇ…!」

007「そうだ怒れ!力の全てをぶつけて復讐しろぉぉぉぉ!!」


データ

身長230.0cm
体重137.0kg
特色/力次第に上昇する戦闘力、両腕のブレードから放つエネルギー斬撃
進化元ロイミュード007
融合進化の相手多賀始
人間態のコピー元-
人間態/CV谷充義(多賀)、大原崇(007、声のみ)

概要

仮面ライダードライブ』第25話から登場。

バット型ロイミュード007が、「コップキラー(警官殺し)」の異名を持つ前科14犯の凶悪殺人犯・多賀始に、001に預けられたネオバイラルコアで彼の心の闇とシンクロし、融合進化して誕生した新型上級ロイミュードにして、001によるネオバイラルコアと融合進化態の実験の成功例第1号。


赤い細身の身体と、それに不釣り合いな程の巨大なブレードを生やした両腕を持つ。

通常の進化態ロイミュード達とは一線を画す高い戦闘力を持っており、さらに人間そのものと融合合体している為、迂闊に攻撃できないという非常に厄介な特性を持っている。また、上級ロイミュードであるが融合しているロイミュードの方が意思を見せる時には、胸の紋章がナンバープレートへと変化する(007の場合は007のナンバープレートとなる)。


ロイミュード007

「お前の犯罪は素晴らしい!凶悪そのものだっ!!」


多賀とシンクロしたバット型ロイミュードにしてシングルナンバーの一体。

シングルナンバーの中では唯一人間態は不明だが、警官殺しすら行った凶悪犯である多賀とシンクロして融合進化しただけあって、性格は極めて凶暴で芝居がかったエキセントリックな口調で話すのが特徴。


その言動は一言で分かり易く言えばチンピラか、完全に世紀末でヒャッハーしているモヒカンのそれである。性格もかなり短慮で白昼堂々重加速を起こして多賀と接触したり、あてもなく留置所を襲撃して多賀を探したりと計画性の無さが目立つ。このような性格なので協調性や人望も皆無な為か、作中では配下は勿論だが支援する仲間のロイミュードもいなかった(他のシングルナンバーや融合進化態の個体は、多くが配下やその作戦を支援するロイミュード達が付いていた)。

ちなみに007が共鳴した多賀は、後に同じく犯罪者をコピーした005からは狂人ではあるが「犯罪のやり方にセンスがない」と酷評されており、これは暗に007自身も酷評されたと言える。


作中では多賀の警官に対する殺意を煽りながら、仮面ライダードライブ泊進ノ介の親友であり、かつて多賀を逮捕した張本人である早瀬明刑事の抹殺を多賀と共に目論んで行動を開始する。


能力

両手に装備した鋼鉄や岩なども容易く切れる程の凄まじい切れ味を誇る2本のブレードから、エネルギー斬撃を飛ばして敵を攻撃できる。

加えて攻撃力と防御力が活動する毎に時間経過で次第に上昇していくという恐るべき能力を秘めており、これこそがソード・ロイミュードの本質にして最も脅威的な能力である。


ちなみに多賀はかつて日本刀や刃物で警官殺しを行った殺人鬼であり、これがソード・ロイミュードのイメージモデルだと思われる(小説版での脱獄後も多賀は日本刀で銀行を襲っていた)。


動向

融合進化後、ロイミュードの出現を知ったドライブとマッハの二人と交戦するも一度撤退。その後は早瀬が入院している病院を襲撃して彼を殺害しようとするが、ドライブによって阻止されてタイプスピードの『スピードロップ』を受けて多賀を引き剥がされ、元の007に戻されたところをハンドル剣で切り裂かれて敗北する。しかしコアは直後に001によって回収された事で消滅を免れ、メディックの治療を受けた事で後に復活する。


その後は警察が隠していた多賀を見つけ出し、再び彼と融合してソード・ロイミュードとなって猛威を奮るい、仮面ライダーマッハを圧倒して霧子を串刺しにしようとするが、チェイスによって阻止され、彼が変身した新たな仮面ライダーである仮面ライダーチェイサーの力に圧倒される。

最期は再び多賀を引き剥がされて元の007の姿に戻されたところを、シンゴウアックスの必殺技・アクロスブレイカーで撃破され、今度こそコアも完全消滅した。


47話では幽霊としてシーフフリーズ超進化態と共に登場。進ノ介をあの世へ引き込もうと現れるが、突如現れた仮面ライダーゴーストに妨害され、最期はゴーストによって倒された。


その一方で多賀の方は当然ながら再逮捕されたのだが、その後小説である人物の手引きで再び脱獄し、069のコピー元になった坂木と共に銀行強盗を働いた。最終的には剛や狩野洸一によって倒された事で黒幕によって用済みとみなされ、バンドに仕込まれていた毒によって坂木と共に、かつてのアイアン・ロイミュード事件の被害者同様に赤化して死亡するという末路を遂げた。


客演

令和ライダー3作目であり仮面ライダー50周年作品「仮面ライダーリバイス」のスピンオフ『仮面ライダーリバイス The Mystery』でまさかの再登場

冒頭にて仮面ライダーデモンズと戦闘しているのが確認出来るが、そもそも時系列的には既に全滅した筈のロイミュードが何故存在しているのか、融合進化態なら誰と融合しているのかなど詳細はよく分からない。


余談

スーツはジャッジ・ロイミュードを改造した物。

ちなみに劇中で初めてフルネームを名乗ったロイミュードだったりする(第25話参照)。


007の声を演じている大原崇氏は本作が特撮初出演となった。

また、姉の大原さやか氏が30分後黄色プリキュア母親役で出演しており、今期のニチアサキッズタイムは姉弟揃ってゲスト出演していた事になる。

また、中の人繋がり関連かつ『剣』=ソード繋がりで某超次元サッカー彼を思い出すという人もいる(ちなみに、前作このオーバーロード中の人とは浅からぬ因縁がある)。


ロイミュード007に関して

一応はロイミュード001を初めとするシングルナンバーの一体なのだが、既に死亡していたロイミュード005以外ではベルトさんの反応は薄く、進化態が今までとは異なるタイプである事に警戒はしていたものの、007個人に対するリアクションは特に何も無かった。


ロイミュード側でも、シングルナンバーの個体でありながらハート達や001からも幹部としては扱われておらず、作中では事実上001の配下兼実験体として使われていた。グローバルフリーズ前の決起集会の席には参加していたので、この時点で幹部だったのは間違いないようだが、作中では既に005同様に幹部からは降格させられていた可能性が高い(原因は前述した凶暴極まりない性格から、051などと同様にハート達に不都合な問題を起こしたのだと思われる)。

そういった個体だからか仲間からも疎まれていたらしく、作中の任務も実質厄介払いのようなものだった模様。実際に、007が死んでも001もブレンもその事を言及すらせず、融合進化実験の成功を喜び合っていた事から、彼はあくまで実験体として使い捨てられたに過ぎない事が窺える。


また、最初から洗脳されていた004を除いて、シングルナンバーの中では唯一自力で進化態に至っていない個体であり、そうした幹部に相応しい能力がなかった事も降格の理由かもしれない。


作中では001の意向で動いていたが、その性格と立場から001からも信用されていたとは言い難く、001の下についた幹部のブレンや他の001直属のロイミュード達とは違って、仁良光秀が彼の協力者である事も知らされていなかったらしく、作中では何も知らない様子で仁良を躊躇なく殺害しようとしていた。

ちなみに001から悪人ではない人間を使った融合進化実験を任されていたシーカーの050、001から12年前の泊英介の事件の隠蔽を任されていたオープンの067、ブレンから協力者である仁良の保護と証拠隠滅の任務を任せられていたシーフの106、メディックの超進化実験の鍵を握る最重要協力者だったクックの090など、他の融合進化態に選ばれたロイミュード達はいずれも幹部達から重要な役割を任せられていた者達ばかりで、特にそういった役割が無かったのは007だけである。



関連タグ


仮面ライダードライブ ロイミュード ロイミュード(バット型) 上級ロイミュード 融合進化態

早瀬明


ライオンクラゲヤミー:こちらも自身を逮捕した警官への復讐を目論んだ凶悪犯を体内に取り込んだ怪人


ハサミジャガーハサミンブラッド:同じく両腕が刃物になっているライダー怪人


ロイミュードXXX

ロイミュード006ソードロイミュード(007) → トルネードロイミュード008


外部リンク

ロイミュード007 仮面ライダー図鑑


ソードロイミュード 仮面ライダー図鑑

関連記事

親記事

融合進化態 ゆうごうしんかたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1579

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました