ピクシブ百科事典

ハサミンブラッド

はさみんぶらっど

ハサミンブラッドとは、仮面ライダースーパー1に登場するジンドグマ怪人の名称である。

CV/曽我部和行

概要

仮面ライダースーパー1』第36話「ハサミ怪人のチョキンチョキン作戦‼」に登場。
大量のハサミを操る能力を使って東京を大混乱を起こし、その気に乗じて一気に東京を占領する作戦を使命とする鬼火司令配下のハサミをモチーフとしたジンドグマ怪人

普段はピエローヤという名のピエロの姿で切り絵をしながら街を練り歩き、ハサミから放出するハサミを遠隔操作する光線を放ってハサミを自在に操り人々を襲撃していた。

全身が凶器の塊のような怪人で、戦闘の際は片刃となっているを使って敵を切り裂く。
また、両腕を合わせると1つの大きなハサミとなり、これを使って敵のなどを切り落とす。さらにこの腕をハサミとに付いたハサミで敵を真っ二つにしてしまう『二重バサミン』という名の必殺技を持つ。

その他、を変形させて発射するミサイル『ハサミンサターンミサイル』やハサミを大量に引き寄せてハサミのを作り出してその中へと敵を放り込んで惨殺する『ハサミン嵐』という名の技を持つ。

ハサミを操り人々を襲撃するだけでなく、電線などのライフラインを切断するなどして街を大混乱に陥れたが、スーパー1との死闘の末に最後は『スーパーライダー月面キック』を受け爆死した。

関連項目

ジンドグマ怪人 ジンドグマ ハサミ 仮面ライダースーパー1

コメント