ピクシブ百科事典

キラーナイブ

きらーないぶ

キラーナイブとは、仮面ライダースーパー1に登場する初めてスーパー1と対決したジンドグマ怪人の名称である。
目次[非表示]

「命令により貴様を処刑する!」
「俺様はナイフ投げの天才だ!だがお前の返答次第では手元が狂う場合もある!」
登場作品『仮面ライダースーパー1
第24話「レッツゴー!!ジュニア・ライダー隊」
CV/仁内達之

概要

ナイフをモチーフとした鬼火司令配下の改造人間にしてスーパー1が初めて対峙したジンドグマ怪人第1号。鳴き声は「ギリギリギリ」
ジンドグマ殺し屋で、ナイフ投げの名人。その使命はジンドグマへの協力を拒んだ者の抹殺である。

能力

鋼鉄をも容易く切断できる切れ味抜群の左腕頭部に備え付けられた巨大なナイフが主な戦力で、用途によって使い分けが可能。

相手を殺傷する際は頭部の頭を振りかざして突進し、刺し貫いて殺害する(その為一部からはギロンか?と、突っ込まれていた)。なお、刺された者は跡形も無く肉体が消滅してしまう。

また、上記にある通りナイフ投げの名人でもあり、相手を脅す際には小型ナイフを取り出し、ジンドグマの命令書などをに縫い付けていた。ナイフは普段は体の溝に収納しているようで、スーパー1との戦いでは中型のナイフを取り出していた。

最後

ジンドグマへの資金提供を拒んだ相良正三氏を殺害後、今度は物理化学者の木谷教授に狙いを定め、彼に破壊兵器『原始十字砲』を制作させようと企むが、最後はスーパー1の『スーパーライダー月面キック』を受けて爆死した。

ジュニアライダー隊結成の影の功労者?

沖一也を頼ってハルミ達のチャリティバザーにやってきた木谷教授一家を追ってきた際、バザーをめちゃくちゃにした挙句、良達の自転車も八つ当たり同然に切断した。この事に怒ったハルミや良が尾行し捕らわれるものの、おかげでアジトが発覚、教授も救われた。
ハルミ達の勇気に感謝した教授は良達に専用の自転車と装備一式をプレゼント、ハルミ達はジュニアライダー隊を結成することになったのである。

関連項目

ジンドグマ怪人 ジンドグマ ナイフ

コメント