ピクシブ百科事典

ジンドグマ怪人

じんどぐまかいじん

仮面ライダースーパー1の後半の敵『ジンドグマ』が使役する怪人たちの総称。

概要

第24話から本格的に活動を始めたドグマ王国の分家組織『ジンドグマ』の主戦力となる改造人間(機械生命体との説もあり)の総称。あくまで推測であるが彼らが(幹部を除く)仮にロボットだとすれば仮面ライダー史上初の素体を持たない怪人たちの組織である。(公にライダー界でロボットいう設定が明かされるのは後年の『仮面ライダーBLACKRX』の怪魔ロボットから)

配下の怪人は身体の殆どが機械(本編描写より)ではあるが動きは人間に近く、一部は人間態を持っており非常に人間臭い。さほど頭は良くなくスーパー1の簡単な嘘にも騙されるほど。

本編に登場するほとんどの怪人は幽霊博士が作ったものだが詳しい製造工程に付いては不明(ドグマ製の人造怪人であるガニガンニーの製造工程を模倣している可能性もあるが)

どういったわけか機械なのにも関わらず口に悪魔や怪物を思わせる牙が生えている個体が多い。

なおフランケライターに関しては「俺の2号機を作れ」とフォンダ博士に命令している(改造人間だとしたら倫理に反している)ため素体がない純粋な機械(全人工製)の可能性が高く、本編の39話でラジゴーンとマッハローラーの同型と思わしき試作機(もしくはスペアボディ)が研究所に置かれている。と思いきや、デアゴスティーニ刊『仮面ライダーオフィシャルパーフェクトファイル』ではジンドグマ怪人は〜型改造人間と明確に表記されている。うーむ…臓器などを機械の体に移したのだろうか。それとも完全に体を機械化させたのだろうか…?

人間の持つ感情というものを全く信用せず、機械のみを信用する首領・悪魔元帥の考えが反映されたかのような、地球上の機械道具をモチーフにした、今まで植物をモチーフとした怪人たちと一線を画す無機的な性質が強まったより機械的な怪人たちで構成されている。
ちなみに、一部にはふざけた外見や殺傷能力を持たないような道具がモチーフの者も含まれている。

とはいえその性能はモチーフとなった機械に特化した高性能の怪人たちである為、何度もスーパー1を追い詰めた実力者ぞろいの者たちが多い。

なお、ジンドクマの首領、及びたちは一部の者を除き、従来通りの動植物がモチーフの怪人態が真の姿となっている。

一覧

名前道具声優登場話
キラーナイブナイフ仁内達之24話
ジシャクゲン磁石槐柳二25話
火焔ウォッチ時計山下啓介26話
グラサンキッドサングラス八代駿27話
ビデオンビデオ沢りつお28話
アマガンサー(アマガンサ)池水通洋29話
マッハローラーローラースケート梶哲也30話
スプレーダースプレー缶峰恵研31話
ツリボット釣竿朝戸鉄也32話
ラジゴーンラジコン山下啓介33話
レッドデンジャー赤ランプ(赤色灯、パトランプ)村越伊知郎34話
イスギロチン椅子(電気椅子)仁内達之35話
ハサミンブラッドはさみ曽我部和行36話
コマサンダーコマ沢りつお37話
コゴエンベエ冷蔵庫 山下啓介38話
フランケライターライター八代駿39話
シャボヌルン石鹸峰恵研40話
キーマンジョー(キイマンジョー)錠前辻村真人41話
ドクロボールバスケットボール梶哲也42話
ゴールダー扇風機八代駿43話
ハシゴーン梯子朝戸鉄也44話
ショオカキング消火器吹田千里45話

関連項目

ジンドグマ 仮面ライダースーパー1 改造人間
アンドロイド
ロボット
バドーロボット
ミュータンロボット
機械生命体
仮面怪人-ジンドグマ怪人と同じ日常品がモチーフでコミカルなキャラをしている。だが彼らは公式で改造人間とはっきり明記されている。
ロイミュード-上記に同じ。完全な機械系の怪人の中では三代目に当たりジンドグマ怪人は大先輩である。
ゴーマ怪人-器物モチーフの怪人繋がり。しかし一部はそうでない個体もいる。また彼らは機械生命体ではない模様。
ネオ生命体-素体を持たない人工生命体繋がり。ただしこちらはあくまでも生物ベース
怪魔ロボット-ロボット怪人繋がり。しかし怪魔ロボットに器物モチーフはおらず人語を殆ど喋らないため、こちらは戦闘兵器としての側面が強い。
バイオノイド-一部の怪人のモチーフがぶっ飛んでいたりする点や無機質なフォルムを持っているという点で

pixivに投稿された作品 pixivで「ジンドグマ怪人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 301

コメント