ピクシブ百科事典

ドクロボール

どくろぼーる

ドクロボールとは、仮面ライダースーパー1に登場する(おそらく)悪魔元帥直属のジンドグマ怪人の名称である。

CV/梶哲也

概要

仮面ライダースーパー1』第42話「悪魔元帥の大仮装パーティー」に登場。
バスケットボールをモチーフとしたジンドグマ怪人

どの幹部の配下なのかは不明だが、ジンドグマに資金などの援助などを行っている者たちを招待して開催する仮装パーティーの秘密を守る事を使命としており、その重要な役割や描写からジンドグマの首領・悪魔元帥直属の怪人ではないかと推測される(ちなみにDVD収録の怪人図鑑によれば魔女参謀配下の怪人らしい…)。

全身にバスケットボールが付いており、そのボール一個一個が強力な爆弾『爆弾ボール』となっており、戦闘の際はこれを投げつけて敵を攻撃する。
また、『ドクロネット』という名のネットに投げつけて動きを封じて捕えることも可能。
更に自身を巨大なバスケットボールへと変化して敵を押し潰す事や、無数のバスケットボールに分裂して敵を攻撃、攪乱する事も出来る。ちなみに後者の能力を応用して配下のジンファイター達の武器となったり、敵の攻撃から身を護る事や敵の追撃をかわす際にも使用される。

スーパー1の攻撃を小さなバスケットボールに分裂するなどしてことごとく無効化するが、最後は“冷熱ハンド”の冷凍ガスで凍らされ分裂能力を封じられた所へ『スーパーライダー月面キック』を受け爆死した。

関連項目

ジンドグマ怪人 ジンドグマ バスケットボール 仮面ライダースーパー1

コメント