ピクシブ百科事典

アマガンサー

あまがんさー

アマガンサーとは、仮面ライダースーパー1に登場する改造人間の名称である。
目次[非表示]

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」
CV/池水通洋

概要

仮面ライダースーパー1』第29話「雨あめ降れふれ!怪奇傘男!!」に登場。
蝙蝠傘を模した妖怪王女配下の改造人間で、普段は“雨男”と呼ばれる老紳士の姿で暗躍している。

その使命はジンドグマが開発した、人間を意のままに操る事ができる『人間コントロールマシン』を仕込んだを街中に配布し、手にした人間を操ってジンドクマの支配下に置く事である。

拳法の達人で沖一也との一度目の対決においては傘で滅多刺しに突き刺して重傷を負わせたほどの手練れであり、また街中に『人間コントロールマシン』を内蔵した傘を設置している最中、その危険性を知ったジュニアライダー隊が傘を使わない様に注意勧告をしているのを見ても、「どうせ大人子供のいうことなんぞ信用しないから捨て置け」と不問にし、実際にはその通りに事を運ぶなどの回転も速い切れ者である。

『人間コントロールマシン』を内蔵した傘を手にした人々を操り、実験と称して暴動を起こし街に大混乱を招くが、最後は傷を癒して駆けつけたスーパー1と対決。
激闘の末、最後は『スーパーライダー旋風キック』を受け「重ね重ね残念ー!」と言い残して爆散した。

能力

「雨よー降れ~」という言葉と共に任意で自在にを降らせることができ、主に人間態である“雨男”の際に使用する。

傘の先端にマシンガンが組み込まれた仕込み傘を武器としており、取っての部分を引き抜いてレイピア状のサーベルとして使用し、これで敵を滅多刺しにする。

また、ジンファイター召喚する能力を持っている。

の先端から発射される『アマガサロケット』と呼ばれるロケット弾が必殺技。

関連項目

ジンドグマ怪人 ジンドグマ  仮面ライダースーパー1

コメント