ピクシブ百科事典

マッハローラー

まっはろーらー

マッハローラーとは、仮面ライダースーパー1に登場するジンドグマ所属の改造人間の名称である。
目次[非表示]

CV/梶哲也

概要

仮面ライダースーパー1』第30話「悪の超特急! ローラースケート怪人」に登場するローラースケートシューズを模した改造人間
鬼火司令配下の怪人で、上司と同じく直ぐにが上るGOD機関マッハアキレスと同じく瞬間湯沸かし器的な性格の持ち主。

その使命は『ジンドグマローラースケート部隊』を組織することであり、街中でローラースケートの上手な人間を物色。見出した人物に洗脳機能のあるローラースケートシューズを渡して洗脳を施し、次々にローラースケート部隊へと取り込んでいった。

偶然その現場を目撃した沖一也と対決するが、作戦遂行を優先させる鬼火司令の手助けにより戦いは一端は水入りとなる。

その後、とあるローラースケート場にたまたま遊びに来ていたジュニアライダー隊のミチルとマサルの為に居場所が発覚してしまうものの、2人を餌として2人を探しにやって来たジュニアライダー隊の面々を洗脳し、処刑しようとするが、救出にやって来たスーパー1の為に失敗。
最後の対決を挑むが、最後は『スーパーライダー月面キック』を受け爆死した。

能力

に仕込まれたジェットエンジンで猛スピードで走行することが可能で、そのスピードは最高時速500kmを誇る『ブルーバージョン』でも追いつけないほどのスピードを誇り、それを活かした体当たり攻撃を主な戦力としている。
また、猛スピードを活かした頭突き技・『ローラー必殺頭突き』が最大の必殺技。

その他、頭の先端部分には毒ガス噴出口があり、そこから毒ガスを放出して敵を攻撃することも可能である。

関連項目

ジンドグマ怪人 ジンドグマ ローラースケート 仮面ライダースーパー1

コメント