ピクシブ百科事典

鬼火司令

おにびしれい

ジンドグマ四大大幹部の1人の名称。
目次[非表示]

「こうなったら見境なしだ!東西航空の飛行機でなくても構わん!を飛ぶものは全て破壊しろ!」
「ハサミンブラッドよ、よくぞ申した‼」
TV本編より
「ククク…悍ましき改造人間よ、機械に縫い合わせたとて所詮、下等生物。我ら暗黒の民に刃向おう等まさに下等‼」
仮面ライダーSPIRITSより
演:河原崎洋夫

概要

行動隊長的な役割を持つ人骨をモチーフにした(?)とを身に着けたジンドグマ四大幹部の1人。電気エネルギーを火炎に変えて、燃え盛るをモチーフにしたの先から発射し敵を攻撃する事が出来る。

また、彼が手塩にかけて育て上げた戦闘員ジンファイターたちで結成された独自の暗殺部隊『夜光虫』という部隊を持っており、相当な腕前の馬術をも心得ている。

四大幹部の中で最もの気が多く、豪快かつ短気な性格の持ち主(いわゆる脳筋)ではあるが、部下を褒めちぎってその気にさせ上手く扱い、眼鏡にかなった人物には鷹揚な態度も取るなど武人的気質も持ち合わせている。

しかし大抵はその短気な性格が前面に現れているため、言葉遣いも乱暴かつ破壊的なものが多く、その性急さを他の幹部たちによって揚げ足を取られる事が多い。

また、前線にて作戦の指揮を執ることは勿論、スーパー1との直接対決が最も多い幹部でもあり、そんな彼の配下の怪人たちもそんな血のかが多い彼の性格を反映させたかのような人物が多く立案する作戦内容も密度が粗いもの目立っているものが多い。

その正体はB26暗黒星雲から地球侵略のためにやって来た異星人であり真の姿はジンドグマ超A級怪人オニビビンバ

仮面ライダーSPIRITSの設定では悪魔元帥共々バダン総統JUDOに招かれてやって来たということになっており、度重なる地球侵略計画をスーパー1に妨害され続けた結果遂に堪忍の緒が切れた元帥の最後通告を受け、第46話で遂にその正体を明かし妖怪王女と共にスーパー1との最後の決戦へと挑む‼

仮面ライダーSPIRITS

暗闇大使の時空魔法陣により元来は外宇宙からやって来た宇宙人であるため地球人を素体とした改造人間ではないのだが、他の組織の大幹部同様にの無い傀儡として復活を果たす。

なお、その際、自分たちに刃向うスーパー1こと沖一也に対し自分たち暗黒の民に逆らう下等生物と罵っている(自分だって今現在は魂の無い傀儡のくせに…)。

北陸地方制圧のために暗躍し、石川県・医王山において他の3幹部と共に持久戦でスーパー1の機能停止を図り一時は優勢にたつが、自身の放った必滅の一撃「オニビビンババズーカ」を躱されてしまい失敗。

その隙にダメージを少しだけ回復させたスーパー1との一騎打ちの末、ワンパンで倒されてしまった(全く予想していなかったらしく、「人間の技で…!?」と驚きながら爆死した)。

関連タグ

ジンドグマ オニビビンバ 仮面ライダースーパー1

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼火司令」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 818

コメント