ピクシブ百科事典

ローラースケート

ろーらーすけーと

ローラースケートとはローラーの付いたスケート靴で地面を滑る遊具である。 なお表記ゆれで別名がいくつかあるがその別名も含めて紹介する。
目次[非表示]

概要

ローラースケートとは名前通りローラーの付いたスケート靴で地面を滑る遊具である。
広義で言えば車輪がある靴のことだが大体は一体型で専用の靴の事を言う。
別名でローラーブレードやインラインスケートといった呼称があるが詳しい意味については下記本文を参照してほしい。

スケート靴の種類

様々なタイプやジャンルがあり、かかとだけで滑れるものからアイススケーターの陸トレ用まで種類があるがここでは簡単に大まかな靴の種類と使用例についてを紹介する。

ローラースケート

ローラースケーター
roller skate


記事名と同じもので概要通りローラーが付いているものの総称なのだが、
一般的には前後ろ2輪ずつの自動車のタイヤのような配列になっているものを言い、クワッド(4つという意味)スケートと言う国もある。
専用の靴ではなく、普通の靴にベルト等で固定する構造になってるものも多い。
芸能人(歌手)では光ゲンジやKis-My-Ft2(キスマイ)などのアイドルグループが履いていることでも有名になった。
今だと影響されてRound1で滑る人もいることだろう。
靴自体が自立し、バランスがとりやすいのでインラインスケートよりは初心者向き。それでも練習が必要だが。
ローラーフィギュアという陸上フィギュア選手、ローラーホッケーという陸上ホッケーなどプロの競技も存在する。

インラインスケート

郵便屋さん
インラインスケートのCG


街や公園でよく見かける、タイヤが直列になっているタイプの靴。
記事タイトルのイラストのようなもので漫画等のキャラクターではカードキャプターさくら木之本桜を筆頭にこのタイプの靴はよく見かけることが多いと思われる。

ローラースケートが四角形の配列になっているのに対し、インラインスケートは縦1列でより速度が出しやすい。
タイヤは4つが基本だが、2つだったり5つだったりと用途や競技に応じてタイヤの数が違い、タイヤの大きさも競技ジャンルによって変わる。
また、ローラースケートは前にブレーキが付いているが、インラインスケートは大抵右足後ろに付いている。慣れてくるとタイヤだけでブレーキを掛ける技ができるようになるのでブレーキを外す人もいる。
こちらは靴とローラーが確実に固定されている必要があるので、専用の靴でなければならない。

ちなみによくローラーブレードと言われることもあるが、それはRollerblade社という会社の名前とブランドなのでローラーブレード社製のインラインスケートというのが正しい。
ただ言葉の響きでなんとなく言っている人は多く、一部の公園や河川敷の注意書きにも堂々と「ローラーブレード禁止」と書いてある。
ちなみに余談だが海外のイラスト投稿サイトでもRollerbladeと検索するとRollerskateと検索したときよりも多く出る。この勘違いは万国共通のようだ。

ローラーシューズ

街角ようじょ「ローラーシューズの女の子」


上2つとは少し性格の違うものだが、これも同じくローラーのついた乗り物である。
ただしシューズという名前の通り普通の運動靴の靴底に小さいタイヤが主にかかとに1~2個ついている靴である。
滑り方も独特で助走をつけてかかとを少し上げて靴底のローラーでバランスを取りながら滑っていくがローラースケートのように継続して滑るようには出来ていない。
小学生を中心に流行った靴で、アニメ作品でも明石薫小鳥遊六花(高校生だが…)が履いている。
見た目は普通の運動靴なので非常に気軽に滑れるのだが、それが仇となって一部の者による危険走行が問題となっている。

競技ジャンル

CDジャケット、表面。
ガチ絵完成。
インラインスケート


一般的にはアイススケートと同じくスピードスケート、ローラーホッケー、そして陸版と言えるローラーフィギュアなんてのもある。

インラインスケートだけの競技ではコーンを並べてそのすき間を滑ることを競うスラロームがある。
それとスノーボードのようにハーフパイプでエアーやグラインドといったアグレッシブという競技もある。
シティラン、ロングラン(ローラースケートを使った時間にとらわれないウォーキング)もあり、
ローラーサッカーや、ローラーバスケなど、ローラーを使う競技の新規開拓も行われている。

ちなみにオリンピックの新競技・種目候補にローラースポーツが入っていたがスケートボードが競技化された。

関連タグ

ローラースケートを使用している主な作品、キャラクター


この記事のカテゴリ

スポーツ

pixivに投稿された作品 pixivで「ローラースケート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459494

コメント