ピクシブ百科事典

ハシゴーン

はしごーん

ハシゴーンとは、仮面ライダースーパー1に登場する妖怪王女最後の配下であるジンドグマ怪人の名称である。

CV/朝戸鉄也

概要

仮面ライダースーパー1』第44話「ニョキニョキのびるハシゴ怪人の魔手」に登場。
梯子をモチーフとした妖怪王女配下の最後ジンドグマ怪人

宇宙開発局が開発した水爆より強力な威力を持つロケットの燃料“新爆薬X”を強奪する作戦を指揮しており、不安定なために少しの衝撃でも大爆発してしまう危険極まりない爆薬を研究所から奪取する目的で子供に目を付け(わざわざ)ジュニアライダー隊員たちを拉致した。

ちなみにその際にハルミやチョロも次いでの様に拉致してしまったが、偶然にも昔は大泥棒だったチョロの“関節を外してどんなに小さな隙間も掻い潜って物を盗み出す”という特技を見た事で、彼を作戦の実行役として妖怪王女に推薦。彼を洗脳して作戦の実行を開始する。

背中の梯子を伸ばして何もない空間に梯子を出現させ、移動手段や好奇心に駆られて梯子を上って来た者を拉致する事ができる。また、これを取り外して相手に向かって投げつける『梯子投げ』やこれを用いて相手の攻撃から身を護るを『梯子避け』という技を持ち、一度はスーパー1の『閃光キック』をあっさりと防いでいた。そのほか、頭部触覚のような部分から破壊光線を放つ能力も持つ。

チョロの救出と作戦を未然に防ぐために研究所へと急行して来たスーパー1と激闘を繰り広げ、最後は『スーパーライダー月面キック』を受け爆死した。

関連項目

ジンドグマ怪人 ジンドグマ 梯子 仮面ライダースーパー1

コメント