ピクシブ百科事典

フランケライター

ふらんけらいたー

フランケライターとは、仮面ライダースーパー1に登場するライターをモチーフとしたジンドグマ怪人の名称である。

「ファイアストーンを持ってこい‼」
CV/八代駿

概要

仮面ライダースーパー1』第39話「強力ライター怪人の弱点はどこだ!!」に登場。
ジンドグマに騙され強制的に協力させられているアメリカ人科学者・フォンダ博士が製作したライタージンドグマ怪人

鬼火司令配下の改造人間で、その使命は東京を三つのエリアに分け各都市部でランダムに放火を繰り返す事で東京一帯を焼け野原にする『火事地獄作戦』の実行であり、その任務遂行の為に夜な夜な都内の各地で放火を繰り返し市民を恐怖のどん底へと突き落としていた。

そして作戦をより円滑に進める為にスーパー1の介入に備え第2第の同型怪人を生み出そうと目論み、約束が違うと渋る博士を協力させる為、彼の息子であるテリー少年を狙い暗躍する。

ライター擬態できる能力のほか、ライター爆弾を投げつけて相手を爆殺してしまう事が出来る。
最大の必殺技は右手や頭部から放つ強力な火炎放射攻撃で、一度はスーパー1を追い詰めたほどの威力を持つ。

スーパー1すら苦戦させる(ショオカキングと並びジンドクマの怪人としては珍しく)強豪怪人だがに装着されたエネルギー源である“ファイヤストーン”のエネルギーが無くなると火炎放射攻撃が出来なくなり途端に弱体化してしまうという最大のけって…もとい弱点があり、最後は博士の指摘を受け“ファイヤストーン”のエネルギーが切れた為に新たに補充しようとした所を『エレキハンド』で補充を阻害され火炎放射攻撃を封じられた所へ『スーパーライダー反転サンダーキック』を喰らい爆散した。

関連項目

ジンドグマ怪人 ジンドグマ ライター 仮面ライダースーパー1

コメント