ピクシブ百科事典

ナイフアルマジロ

ないふあるまじろ

ナイフアルマジロとは、『仮面ライダーV3』 第7話「ライダーV3 怒りの特訓」第8話「危しV3!迫る電気ノコギリの恐怖」に登場するデストロンの改造人間の名称である。
目次[非表示]

「来い!!河合博士、デストロンで人工心臓を作るのだ!!」
「ギリギリ!」
CV/山下啓介

概要

河井三郎博士が開発した人工心臓実験の被験者となった男性改造して制作されたアルマジロナイフの能力を兼ね備えた機械合成怪人

燃え盛る研究所から自身を助け、デストロンへと導いてくれた上司であるノコギリトカゲの指示の元、河井三郎博士をデストロンに協力させるために暗躍する。鳴き声は「ギリギリギリィ」

風見志郎こと仮面ライダーV3に自身の行動を察知され対決するが、必殺技『弾丸鋼鉄球』でV3に重傷を負わせて1度は勝利を収めた強敵。

その後、ナイフアルマジロ対策におやっさんとの特訓(巨大な鉄球クレーン車からぶら下げて叩き付けるという『巨人の星』の花形満みたいな無茶な代物)に励むV3に再び襲撃を仕掛けるものの、偶然V3・26の秘密の1つ『特殊スプリング筋肉』に気づいたV3に突撃する勢いを利用されてで『弾丸鋼鉄球』を弾き返された所にキック攻撃を受けて瀕死の重傷を負い敗走。

上司であるノコギリトカゲ監督の元、河井三郎博士の手で人工心臓を埋め込まれ3度死の淵から蘇りV3との最終決戦に挑むが、最後はV3・26の秘密の1つ『V3ドリルアタック』を受け爆死した。

能力

右手にはバターの様に容易く切り裂くナイフが取り付けられており、使用しない場合は小さく折りたたんで収納している。
また、このナイフは例え破壊されても修復する再生能力が備わっている。

の全身が鋼鉄の様なで覆われており、体を丸めて猛スピードで転がりながら敵に体当たりを仕掛ける『弾丸鋼鉄球』が必殺技。

V3をギリギリまで追い詰めたことは成井紀郎漫画『7人ライダー最後の決戦』(テレビマガジン掲載)でも触れられており、ライダーマンは「特訓して進化しなければ、V3よりも機能は上だった」とさえ語っている。

派生作品

すがやみつるによる漫画版では立花藤兵衛暗殺のために巨大なレーザー砲を小学校の屋上に運び込んで狙撃しようと目論んでいた。止めに入ったV3を弾丸鋼鉄球で階下に落とし、ノコギリトカゲやハチサーベル(TV版の没キャラ)共々息の根を止めようとするも失敗。ノコギリトカゲがV3を抑えているうちにレーザー砲を起動させるも、V3が放ったV3ホッパーを受けて砲身がグルッと半回転、自分のをぶち抜いて消し飛ぶという自業自得な最期を遂げた。

仮面ライダーSPIRITS』ではドクトルGと共にデストロンの四国制圧に参加し、高知県を襲撃してドクトルGの支配下に置いてしまう。市民奴隷のように扱き使い、サタンニウムを採掘させていた。
鉱山にやってきたV3を機械合成怪人軍団と共に迎え撃つが、弾丸スクリューボールをV3回転三段キックでぶち抜かれ、後方支援していたクサリガマテントウヒーターゼミ共々真っ二つにされて爆死した。

関連項目

機械合成怪人 デストロン怪人 アルマジロ ナイフ ノコギリトカゲ デストロン 仮面ライダーV3

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイフアルマジロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 263

コメント