ピクシブ百科事典

ガルマジロン

がるまじろん

ガルマジロンとは『仮面ライダー第3話』「怪人さそり男」のリメイクである『仮面ライダーV3』41話「あッ!人間が溶ける!ヨロイ元帥」に登場したヨロイ元帥最初の刺客である改造人間の名称である。
目次[非表示]

CV/西崎章治、人間態:三井恒

概要

仮面ライダーV3』第41話「あッ!人間が溶ける!ヨロイ元帥」に登場。
ナチスドイツ移植技術を用いて風見志郎親友である高木裕介にアルマジロの能力を移植して誕生したデストロン改造人間

ヨロイ元帥が送り込んだ最初の刺客であり、風見志郎=仮面ライダーV3の抹殺を使命とする。鳴き声は「ガーラー」

なお、高木はさそり男の素体となった本郷猛の親友・早瀬五郎とは違い、デストロンが掲げる思想を本気で信じて傾倒し、彼らが世界を支配すれば人間の暮らしはもっと豊かになるものと本気で信じている点や未だに風見志郎への友情を捨てきれていないという相違点がある。

能力

人間を溶かしてしまう猛毒が含まれたを飛ばして敵を攻撃する。この鱗は怪人の脳波で操る事ができ、遠隔操作をすることも可能。
そのほか、背中にある甲羅のトゲを体当たりで敵に突き立てるバック戦法を得意としている。

活動歴

ライバルである風見に勝ちたいと願う高木は、デストロンの掲げる理想に賛同し、彼らからの誘いに応じて自ら進んでデストロンの協力者となり、アルマジロの改造人間・ガルマジロンへと生まれ変わる。

自身の能力テストを兼ねて風見志郎を抹殺計画の為に、デストロンに拉致され無理やり強制労働を強いて使い物にならなくなった囚人たちを山下喜作1人を残して全員を処刑。

ワザと脱走させた山下を使って罠を仕掛けて彼の信用を得ることに成功すると、デストロンの秘密基地へと彼を誘き出し捕えることに成功。

デストロンの協力者となった今でも風見との友情を捨てきれない高木は、風見にデストロンに協力してほしいと説得を試みるが、風見から組織の全貌を聞かされ逆に説得を受け友人との友情と組織の掲げる理想との間で揺れ動くが、組織が許すはずも無くヨロイ元帥の「裏切り者は…死刑!」という脅しに屈し風見との最後の勝負を決意する。

やむなく風見もV3に変身。かつての友人と最後の戦いを展開し、「オレは裏切ってなどいない‼」と葛藤しながらも悲壮感漂うなか、激闘の末に『V3回転フルキック』で引導を渡される。「志郎…!俺は…俺は…」、それが最後の言葉となった…

かつての友人の亡骸を抱え、無言のまま何処かへ去っていくV3の仮面の下の表情は誰も伺いすることはできない…。

関連項目

ヨロイ一族 部族怪人 デストロン怪人 デストロン アルマジロ 仮面ライダーV3

さそり男 プロペラカブト ライオンサンダー→主人公の親友が素体となった改造人間関連。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガルマジロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68

コメント