ピクシブ百科事典

アルマジロ怪人

あるまじろかいじん

アルマジロ怪人とは、仮面ライダーBLACKに登場するゴルゴム怪人の名称である。

CV/丸山詠二

概要

仮面ライダーBLACK』第29話「標的はデスマスク?」に登場。

宇宙士開発を進める愚かにも思い上がった人間たち(ゴルゴム基準)に鉄槌を下すべく、NASAが計画する宇宙開発計画を叩き潰す事を使命とするゴルゴムアルマジロ型改造人間

口から吐く泡を掛けた人間の容姿・記憶・感情をコピーしてマネキン人形にそれを転位して偽者(コピー人間)を作り出す能力を持ち、これを使ってNASAの4人の日本人宇宙飛行士たちの人間と偽物をすり替えてスペースシャトルを乗っ取り、そのままNASAの本部へと突っ込まれせて大惨事を引き起こそうと目論んだ。

ちなみにコピー人間は外見上は全く本物と見分けがつかないが、致命傷を受けても平然としている所や、傷口から血が全くでない事で判別が可能。また、怪人の脳波で操られているらしく、怪人の生命活動が停止すると、元のマネキン人形へと戻ってしまう。

なお、三神官たちからの命令なのか、打倒BLACKの為に作戦に横槍を入れて来たビルゲニアに楯突くシーンが存在する。

身体の大部分が堅い外皮に覆われており、体を丸めて繰り出す弾丸攻撃の破壊力は抜群で、そのほか、鋭い爪と爪や目から発射する破壊光線を主な戦力としている。また、地中を掘り進み移動することも可能。

BLACKとの対決では、得意の弾丸戦法でBLACKを苦しめるが、戦っている内に弾丸攻撃の崩し方のコツをつかんだライダーに空中でキックを放たれ体勢を崩した所に、最後は『ライダーパンチ』と『ライダーキック』を立て続けに叩き込まれ爆散。消滅した。

関連項目

ゴルゴム怪人 ゴルゴム アルマジロ 仮面ライダーBLACK

コメント