ピクシブ百科事典

アイアン・ロイミュード

あいあんろいみゅーど

仮面ライダードライブに登場するドライブが初めて戦った上級ロイミュード。
目次[非表示]

「いきがよさそうなやつだなぁ…」
人間態・声:横山真史、麻亜里(人間態のみ)

概要

仮面ライダードライブ』第2話「仮面ライダーとはなにか」に登場。
自身の理想となる体を求め、次々と健康体の人間の優れた部分をコピーして取り込み続けたコブラ型ロイミュード 029が覚醒した進化態。モチーフは鋼などと筋肉で、元となった願望はおそらく鋼の様(に頑丈)な肉体進ノ介には「筋肉野郎」と呼ばれた。

パワーファイター型の怪人で、両腕に備え付けられた巨大な手甲は変形機能が備わっており、これを腕部前方にスライドさせることで攻撃のリーチを伸ばす事ができる。足もかなり速く、トライドロンや飛行する071と同等のスピードで疾走していた。
また、広範囲に重加速を発生させる能力を有しており、街全体をその影響下に置いてしまった。

成長や戦闘を援護する下級ロイミュード4人(042、093088、071)を配下に持つ。

進化後、更なる自己進化を遂げるべく健康体の人間を襲撃しようとするが、追いかけてきた仮面ライダードライブと街中で激しい攻防戦を繰り広げる。最後はタイプスピード ハンターの必殺技『ジャスティスマッシュ』を受け敗北し「まさかお前…仮面ライダー!?」と叫び、本体である数字の形をしたコアとともに爆散した。

ロイミュード029

アイアンに進化する前の姿。他のコブラ型と異なり首の周囲が赤く、重加速を起こすとナンバーと両耳が光る。第1話ではこの姿で戦闘を行った。
容姿こそ下級ではあるが、口から蛇を模した螺旋状の火炎弾を放って攻撃したり、鱗状のバリアを張ったり(ただしシフトカーの攻撃で容易く破られた)、両手で掴んだ人間の皮膚を赤く染めて行動不能にする(029の理想に合わない者のみ)等、多彩な特殊能力を持っていた。
仲間意識は非常に希薄で、ドライブに殴り飛ばされた088を足蹴にし、タイプスピードシャドー攻撃を避ける為に088を盾にした程(これで088は死んだ)。その一方、棘を展開したファンキースパイクの上に尻餅を突いて悶絶する等コミカルな面も見せている。
042と088のコアが爆死した後スピードロップを受けて爆散。コアの姿で逃亡し苦しんでいたのを見つけたハートに新しいバイラルコアを与えられた。第2話でどこかの芸能事務所にバイラルコアの姿で潜入し、パソコンから所属タレントのデータを取り込んで完全復活した(その後タレント1人を赤色化させた)。

余談

ロイミュードイナズマンロボット刑事の敵怪人がイメージソースとされているが、アイアンは「伸縮自在の両腕」「自動車並みの速度で走る」等、ロボット刑事の第2話に登場したバドーロボット・テナガマンと類似する点がある。
スーツは第39話に登場したトルネード・ロイミュードへ改造された。

関連タグ

仮面ライダードライブ ロイミュード ロイミュード(コブラ型)

pixivに投稿された作品 pixivで「アイアン・ロイミュード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 611

コメント