ピクシブ百科事典

ガンマン・ロイミュード

がんまんろいみゅーど

第12話で初登場した上級ロイミュードの一体。
目次[非表示]

「"日本の仮面ライダー"は、大したことねぇな‼」

人間態/声:ベルナール・アッカ

概要

バット型ロイミュード017が進化した上級ロイミュードの1体。
アメリカからやって来たウエスタンガンマン風の姿をしたロイミュード。
アメリカの暗黒街で闇商人の(小説によると名前はビーン)を護衛する黒人ガンマン(小説によるとガフ)の姿をコピーした人間態を持つ。
専用の『エンペラ17』を駆使した銃撃戦を得意としており、正確無比な射撃の連射で敵を追い詰める。また、高威力のチャージショットも発射できる。ただし無限に発射出来る訳ではなく、ある程度発射すると弾切れになるという欠点がある。

何らかの目的で弟(No.018)と共に日本に来日。「重加速伝達バンド」と呼ばれるバンドを売りさばき、人間に「重加速」の力を分け与えていた。その為、自分達の計画に利用していた顧客の1人である戸田川の犯行が特状課に嗅ぎ付けられた時は用心棒として彼を護るような行動を見せた。

アメリカから彼らを追いかけてやって来た詩島剛仮面ライダーマッハと交戦し倒されるが、突如として現れたメディックによりコアを回収され、新たなバイラルコアを与えられ復活する。

復活後も018の進化の為に暗躍。再度マッハと交戦することになるも、018と共にコアも破壊され撃破された。

再登場

2016年4月20日(水)より発売中の公式外伝小説小説仮面ライダードライブ マッハサーガにて、アメリカで剛と初めて戦ったエピソードが描かれた。

当時の剛の親友イーサンを殺害しており、復讐に赴いた剛をも殺害しようとするが、
寸前でハーレー博士によって救出され取り逃がす。

剛が訓練を最後まで行わずに来日した理由の1つに彼らが渡日したことがある。

余談

演じるベルナール氏は、仮面ライダーウィザードファントムの1体ケットシーを演じており、本作で2作目の怪人としての出演となった。ちなみにケットシーはマイペースで不真面目であったのに対しガンマンはクールなヒットマンと、対照的な性格のキャラクターとなっている。その他女性幹部との関係も対照的になっている。
また、弟であるNo.018(演:マービンJr.)はクラッシュ(演:HIRO)に続い2人目の力士だった芸人が演じたロイミュードとなった。

「ウエスタンガンマンがモチーフ」「武器が弾切れを起こしやすい」「偽札で作戦が失敗する」等、秘密戦隊ゴレンジャーに登場したガンマン仮面と類似する点が多い。

なお、仮面ライダードライブのモチーフと思われる、『兄弟拳バイクロッサー』にはガンマンをモチーフとした『マグナム』が登場した。

顔に蓄えた髭と帽子は『ルパン三世』に登場する次元大介を髣髴とさせる(次元大介をモチーフとする怪人は『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の臨獣アーチャーフィッシュ拳ポウオーテが存在する)。

スーツはシーカー・ロイミュードに改造された。

関連タグ

上級ロイミュード ロイミュード(バット型)

ガンマン

バットオルフェノク→コウモリのガンマン怪人繋がり(もっとも進化態にはバットの意匠はないが)

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンマン・ロイミュード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14659

コメント