ピクシブ百科事典

超銀河王

ちょうぎんがおう

超銀河王とは、「MOVIE大戦MEGAMAX」に登場する怪人である。
目次[非表示]

「なぜ仮面ライダーごときに、銀河の王となる私が‼」
演:益岡徹

概要

『8人ライダー対銀河王』に登場した銀河王のリメイクキャラクター。
財団Xの幹部、レム・カンナギが仮面ライダーポセイドンが使用していた未来のコアメダル狼魚のメダルと、仮面ライダーなでしこの正体だったSOLUをエネルギーに転換したアストロスイッチ・SOLUスイッチをギンガオードライバーに装着することで変身した怪人。自称『銀河の王』。

コアメダルの力によって時間を停止させる能力を持ち、それを利用した高速移動攻撃が得意。物質化したコズミックエナジーを変化させたを手持ち武器として使用している。

宇宙船エクソダスにコズミックエナジーをフルチャージさせるため宇宙空間に向かっていたところを仮面ライダーオーズ仮面ライダーフォーゼが乗り込んできたため戦闘に突入。

フォーゼをエクソダスから叩き出し、オーズをも窮地に陥れるが、仮面ライダーアクアに託された未来のコアメダルを使用したことでスーパータトバコンボへと変身したオーズに時間停止能力を破られ、さらにパワーダイザーで打ち上げられたため戻ってきたフォーゼと激突する。

防御に使用していたローブロケットステイツのライダーきりもみクラッシャーで破壊されたため、SOLUをエネルギー波に変換して発射し、二人を苦しめる。
だが、美咲撫子の助言によってエネルギー波がロケットステイツに吸収され、ライダーダブルロケットドリルキックとスーパータトバキックの同時攻撃を受けて彼方に吹き飛ばされ、飛んできたエクソダスに激突。「残念無念」と呟きエクソダスの爆発に巻き込まれ爆死したものと思われる。

派生作品でこんな扱いなのも残念無念

その後『仮面ライダー大戦』ではサドンダス共々地獄の底から蘇った。
仮面ライダーファイズパンチを受けるも、逆にファイズがを痛めるなどのシーンがある。

スーパーヒーロー大戦GP』ではショッカーの幹部として登場した。終盤でライダー狩りに参加するものの、仮面ライダー3号ライダーパンチに受け爆死した。


関連タグ

MOVIE大戦MEGAMAX 銀河王 仮面ライダーフォーゼ 財団X

十面鬼ユム・キミル→同じく昭和ライダーシリーズの登場人物のリメイクキャラ繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「超銀河王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 291

コメント