ピクシブ百科事典

ギリザメス

ぎりざめす

ショッカー強化改造人間第1号のノコギリサメ型改造人間。
目次[非表示]

「ノコギリザメの改造人間ギリザメスだ‼」

登場作品『仮面ライダー』

第67話「ショッカー首領出現!!ライダー危し」
CV 八代駿/田中亮一(正義の系譜)/関智一(スーパーヒーロー大戦GP)

概要

13体存在する黄ショッカーベルトを装着した強化改造人間第1号であるノコギリザメ型改造人間。鳴き声は「ガーブ、ガブ、ガブ、ガブーッ!」

ショッカー首領と各国支部の幹部が出席メンバーのショッカー世界会議」の偽情報でライダー東京湾状の孤島に存在する秘密要塞基地へとおびき寄せ、改造人間の肉体組織を破壊する特殊な毒ガス『アンドロガス』を仕込んだライダー殺人人形による抹殺計画『V作戦』の実行を使命とする。

サメの改造人間であるため、水中戦を得意としており、状の片腕頭部ノコギリ状の鋭くとがったであらゆるものを引き裂き貫通させることが出来る。
また、から超高温の火炎を吐く事も可能なほか、対ライダーキック用の必殺技『キック殺し』や『アンドロガス』に耐えられる程の強靭な肉体を誇る。

最後は海岸線での死闘の末、ライダーきりもみシュートを受け爆死した。

派生作品での活躍

PS2仮面ライダー 正義の系譜』にて邪眼の手により蘇生され、第5章のアギト編にてミミズ男との分岐で出現する(ミミズ男と戦う場合は彼とは戦う事ができない。また厄介なことにこいつに分岐した場合原子力発電所プールの中を泳ぎまわっていてプールを通ろうとすると襲い掛かってくる)。

また、映画『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』ではスペースショッカーの一員という設定で登場。
ゴースターと共にスペースイカデビルに仕える。

映画『仮面ライダー大戦』ではバダン戦士として地獄の底から復活。ジェネラルシャドウなどと共に沢芽市襲撃に参加する。余談だが、シャドウ小隊は他のメンバーがドラスマシーン大元帥十面鬼ユム・キミルというとんでもないメンバーであり、一介の雑兵に過ぎない彼が選出されたことからも実力は確かと思われる。
ただ普通そこはショッカーグリードとかにするだろうしさ。

映画スーパーヒーロー大戦GP』では新型が登場し、現代でシオマネキング毒トカゲ男と共に暴れ回っていた。から青い破壊光線を出す機能が追加されている。
ライダーの残党狩りのために幹部怪人と共に総攻撃に参加するが、ライダーロボから解放された仮面ライダー1号ライダーキックを受けてガラガランダ地獄大使ではなく新型)と共に二人仲良く爆死した。

余談

元々ギリザメスは死神博士の正体として予定されていたが、大人の事情で今の設定に変わったという経緯がある。予告では「ノコギリザメス」と呼ばていた。(首回りの立て襟の意匠がその名残といえる、また続く68話のオープニングの怪人名も変更前の物を使い怪人ギリザメス 二見忠男となっていた)
また、イカデビルに搭載されていた隕石誘導装置は本来のシナリオ通りなら鼻っ面に付けられるはずであったらしい。
本来なら白地に金のショッカーベルトはこいつのみの一点物だったが、整合をつけるために以降の怪人も同じベルトを着けるようになったという。
この回で登場したアンドロガスは、後に『正義の系譜』でも本郷猛に対して使用された。

関連タグ

ショッカー怪人 ノコギリザメ イカデビル(変更後の正体)
カミキリキッド(同じく大人の事情の煽りを受けた怪人)

他のサメをモチーフとした怪人

ピッケルシャーク サメ奇械人 ツノザメ怪人 ゴ・ジャーザ・ギ ハンマーヘッドアンデッド アビスラッシャー アビスハンマー アビソドン シャークファンガイア サメヤミー

平成ライダーにおける「いつものメンバー」

さそり男 サボテグロン ゴースター ザンジオー ジャガーマン 毒トカゲ男 シオマネキング

pixivに投稿された作品 pixivで「ギリザメス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36

コメント