ピクシブ百科事典

サメ奇械人

さめきっかいじん

サメ奇械人とは、仮面ライダーストロンガーに登場する改造人間の名称である。

「ストロンガーを殺して、ブラックサタンの大幹部になってやるのだ‼」
CV/市川治

概要

仮面ライダーストロンガー』第21話「鮫ヶ島 海中大決戦!」に登場。
の能力を持つ伊勢の鳥羽湾に建設されたブラックサタン海底基地の警備を担当する“ブラックサタン有数の実力者(一応)”

偶然真珠貝型の海底基地の入り口からの出撃現場を目撃した海女のきく江とその息子である一郎を付け狙う。また、百目タイタンの身辺警護及びそのサポートを主な任務とする。
鳴き声は「ギリギリギリ‼」

と右に2つのを持ち、右腕による噛みつき攻撃『シャーク牙』や、ここから発射するロケット弾『シャークロケット』、水中で渦潮を発生させ敵を葬る『渦巻き地獄』という名の必殺技を持つ。

また、魚類型改造人間だけに水中戦では無類の強さを誇るが、陸上ではめっぽう弱いらしく、最後はタックルの『脳天唐竹割り』と『電波投げ』(今まで戦闘員位にしか効力を発揮出来なかった為、今回が初の怪人相手に決まった瞬間であった)を立て続けに受けた所へストロンガーの『電キック』を喰らい止めを刺された。

関連項目

奇械人 ブラックサタン(仮面ライダーストロンガー)  仮面ライダーストロンガー

コメント