ピクシブ百科事典

荒ワシ師団長

あらわししだんちょう

『仮面ライダーストロンガー』に登場する精鋭部隊・デルザー軍団の改造魔人。

「けっ。体が重くて小回りが効かんからそのザマだ。」
CV/安原義人

概要

 漆黒の鷲の頭を持つ改造魔人。『砂漠の死神』の二つ名を持つ。
 全身を十字軍に酷似した赤と黄色の甲冑で覆っており、その名に恥じずデルザー軍団で唯一の飛行能力を持つ。「クワー」という奇声を発する。
 常に戦斧と楯を携行しており、これを武器に相手を切り刻む戦法を得意とする。
 出自はトルコの竜巻魔神エキムの一族とされており、卑怯かつ姑息な性格の持ち主で、相手を陥れるような狡猾な作戦の立案を得意としている。
 ジェネラルシャドウが故郷の魔の国から召還した7人の改造魔人の一人だがシャドウがデルザー軍団の暫定リーダーとなった事に「ケッ、いつの間にやらリーダー気取りだ」とこぼしていた。
武人気質の鋼鉄参謀とはそりが全く合わず犬猿の仲。二度に渡り鋼鉄参謀からストロンガーを横取りし、アジトに乗り込みストロンガーの返還を要求してきた鋼鉄参謀に偽者のストロンガーを渡した

 配下の戦闘員も自在に空を飛べるが、荒ワシ師団長の振るう斧をストロンガーが避けたせいで巻き添えを食らって首がすっ飛ばされた気の毒な奴もいた。

 本編では飛行能力を駆使してストロンガーと電波人間タックルを追い詰めるものの、水中まで追い込まれて電気エネルギーを弾き返すことができなくなり、ストロンガーの放った「水中エレクトロファイアー」でデルザー軍団の最初の殉職者となってしまった。

 その後、最終回においてデルザー陣営で唯一、ブラックサタン奇械人と共に再生怪人として登場している(そしていつの間にやらストロンガー以外のライダーたちの前に敗れ去る)。

 漫画『仮面ライダーSPIRITS』では記憶を持ったまま復活し、ダブルライダーの前に姿を現す。その後、東京中で猛威を振るい、『新仮面ライダーSPIRITS』では、滝和也の前で首都高を破壊する力を披露した。
 滝を救援しに現れた筑波洋スカイライダーとその後で交戦することになり、戦闘員を犠牲にして彼に大ダメージを与えた一方、滝を乗せたスカイターボライダーブレイクで盾を破壊され、撤退する。
 しばらく出番はなかったが、サザングロスによって凍結させられた東京湾に集結した9人ライダーを倒して手柄を挙げるべく、戦闘員を率いて出陣する。しかし、仮面ライダーX仮面ライダーアマゾンがそれぞれマシンを駆使して戦闘員たちを圧倒し、さらにスカイライダーのライダーブレイクを直接叩き込まれ、片脚を失う大ダメージを受ける。
 その後は、同じく手柄を挙げんとして介入したドクロ少佐にライダー達を消耗させて漁夫の利を狙おうとしたが、サザングロスと一体化した暗闇大使が呼び寄せたバダンの巨大UFOが突っ込んでくるのを前に、斧で抵抗したものの、圧搾されて死亡した。


関連項目

仮面ライダーストロンガー ライダー怪人

関連記事

親記事

改造魔人 かいぞうまじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「荒ワシ師団長」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3285

コメント